logo

サッカーを通じた国際青少年交流プログラム F4F 4/30に津市で国際フットボール&フレンドシップ・デーを開催

フットボールフォーフレンドシップ日本広報事務局 2017年05月01日 16時21分
From Digital PR Platform


第5回フットボール・フォー・フレンドシップ(Football for Friendship / 以下F4F)の一環として、4月30日、三重県津市にてF4Fへの参加を記念するイベント「国際フットボール&フレンドシップ・デー」が行われました。

フットボール・フォー・フレンドシップは、6月26日から7月3日までの期間、ロシアのサンクトペテルブルクで行われる、サッカーを通じた国際青少年交流プロジェクトです。期間中、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカの4大陸・64カ国から集まった、12歳のサッカー選手64人が8つの国籍混合チームに分かれ、トレーニングキャンプおよびトーナメントを行います。また、7月2日に行われる国際子どもフォーラムでは、このプロジェクトの基本精神である9つの価値観(友情、平等、スポーツマンシップ、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクト)を世界中に広める方法について、子どもたちが有名なサッカー選手やジャーナリストと議論を交わします。第5回F4Fプロジェクトは、サンクトペテルブルク・スタジアムで行われるFIFAコンフェデレーションズカップ2017決勝戦の見学で締めくくられます。

このプロジェクトに参加する選手およびヤングジャーナリスト(1カ国各1名)は、各国のサッカー協会によって選抜されます。日本からは、公益財団法人日本サッカー協会による公募・選考を経て、三重県津市在住の中原奏乃選手、ヤングジャーナリスト1名の参加が決定しました。

国際フットボール&フレンドシップ・デーは、6月のサンクトペテルブルクでのプログラム開始を前に、各国でF4Fへの参加を記念する国内イベントとして、世界64カ国で行われます。日本では、4月30日、三重県津市の安濃中央総合公園にて、中原選手の前所属チーム・安濃F.C.の子どもたちによる親善試合および大会のシンボルである青と緑のブレスレット交換が行われました。ブレスレットの青のラインは平和な空を意味し、緑のラインは誰もが参加できるサッカー場を意味しています。イベントで、中原選手は、「まさか選ばれるとは思っていなかったので、本当にびっくりしました。同時に世界中に友達ができることにわくわくしています。大会ではサッカーを通じて友情や平和の大切さを発信できればと思っています」とコメントしました。また、コーチからは「世界各国に友達を作って、10年後、20年後も続くような関係を築いてきてください」という激励の言葉が贈られました。



■【補足説明】「フットボール・フォー・フレンドシップ(F4F)」について

国際社会的青少年プログラム「フットボール・フォー・フレンドシップ」は、ガスプロム社の「ガスプロム・フォー・チルドレン」というグローバル懇親プログラムの一環として行われているものです。本プログラムはユース・フットボールを発展させ、健康的なライフスタイルのアピールおよび世界中の少年たちに異なる文化や倫理観に対しての寛容さとリスペクトを育むことを目指しています。プログラムの参加者たちが遵守し、世界へ発信している基本的な価値観とは、友情、平等、公平、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクトという価値観です。

本プログラムの主なイベントは、全世界から集まる若いサッカー選手たちが本プロジェクトの価値観の保護について有名なメディアの代表および著名なサッカー選手と話し合う機会であり、毎年開催される「フットボール・フォー・フレンドシップ」国際青少年フォーラムです。

「フットボール・フォー・フレンドシップ」というプログラムにおける特別な賞は「ナインバリューカップ」というトロフィーです。 このユニークなトロフィーは社会的イニシアチブ、その他社会に恩恵をもたらすプロジェクトを通して「フットボール・フォー・フレンドシップ」プログラムの9つの価値観に携わり、最も貢献したプロフェッショナル・サッカー・クラブに贈られます。 本プロジェクトのヤング・アンバサダーが「フットボール・フォー・フレンドシップ」プログラムの参加国で行われる投票によって「ナインバリューカップ」の受賞者を選択することになっています。

毎年世界中の数千名に及ぶ人たちが本プロジェクトへの参加に加わります。本プロジェクトがスタートした頃、2013年には8カ国の参加でしたが、2017年の参加国数は64カ国と大幅に増えました。若手サッカー選手の何百人もが、それぞれの国で「フットボール・フォー・フレンドシップ」のプログラムおよびその価値観のアンバサダーになります。「フットボール・フォー・フレンドシップ」プログラムの公式シンボルである「フレンドシップ・ブレスレット」を子供、大人、アスリートや有名なジャーナリスト、芸術家、政治家や様々な国の大統領を含め、世界で40万人もが愛用しています。

本プログラムへの2017年の参加国は次のとおりです。オーストリア、アゼルバイジャン、アルジェリア、アルゼンチン、アルメニア、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ブルガリア、ボリビア、ブラジル、イギリス、ハンガリー、ベネズエラ、ベトナム、ガーナ、ドイツ、ギリシャ、デンマーク、エジプト、インド、イラク、イラン、アイスランド、アイルランド、イタリア、カザフスタン、キルギス、中国、韓国、ラトビア、リビア、リトアニア、マケドニア、メキシコ、モザンビーク、オランダ、ノルウェー、パキスタン、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、セルビア、スロバキア、スロベニア、シリア、アメリカ、タジキスタン、タンザニア、台湾、トルクメニスタン、トルコ、ウクライナ、ウルグアイ、ウズベキスタン、フィンランド、フランス、クロアチア、チェコ共和国、スイス、エストニア、日本、南アフリカ。

■「ガスプロム」(GAZPROM)について
「ガスプロム」はグローバルなエネルギー会社です。ガスプロム社の主な活動とは天然ガス田探査、天然ガス採掘、輸送、貯蔵、処理および(自動車燃料としてなど)天然ガス、ガスコンデンセート及び石油等の販売、または熱力エネルギーおよび電気の生産と販売です。同社は、ロシア国内、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南アメリカ、中央アジア、南アジア及び東南アジアを中心に活動しています。

「ガスプロム」は天然ガス埋蔵量及び生産量で世界最大の企業で、ロシア国内および30カ国以上の消費者へ天然ガスを供給しています。「ガスプロム」はロシアにおいて石油の主要生産者のトップ4に入っており、火力発電における設備容量の点でロシアで第一位、または、熱エネルギーの生産において世界的リーダーでもあります。

産業活動の急速な発展に伴い、「ガスプロム」は社会的プログラムにも注目しています。同社は、多くのスポーツ団体をサポートするだけでなく、国際・全国規模のイベントへの支援も行っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事