logo

日本の働く人は、もっと休んでいい!「キリン 午後の紅茶」が、有給休暇をプレゼント?

キリンビバレッジ株式会社 2017年05月01日 15時20分
From PR TIMES

~カフェ『Sign 外苑前』にて午後の紅茶の日(5月5日)に実施~

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口 英樹)は、5月5日(金)「午後の紅茶の日」に合わせ、カフェ『Sign 外苑前』のお店のスタッフに有給休暇をプレゼントする取り組みを実施します。



[画像1: リンク ]

※店舗イメージ(装飾は変更になる可能性があります)

 「働き方」に注目が集まる昨今、ゴールデンウィークも休まず働く人がいます。

 「午後の紅茶の日」である5月5日(金)は、ゴールデンウィーク真っ只中。「キリン 午後の紅茶」は、ブランドコンセプト「がんばっている人に上質な休息を提供する」に基づき、いつも休息の場を提供しているカフェ『Sign 外苑前』のスタッフに有給休暇をプレゼントします。
 また、今回のプロジェクト実施に合わせ、@Kirin_Companyをフォローして該当ツイートをリツイートするだけで、抽選で「午後の紅茶」アソートセットをプレゼントする「#5月5日は午後の紅茶の日 ツイッターキャンペーン」を開催します。


1. がんばる人に“有給休暇プレゼント” プロジェクトのご紹介
 「キリン 午後の紅茶」のブランドコンセプト「がんばっている人に上質な休息を提供する」に基づき、「午後の紅茶の日」である5月5日(金)に、通常であれば営業日であるカフェ『Sign 外苑前』のスタッフに有給休暇をプレゼントします。当日は、カフェ『Sign 外苑前』の外観に「午後の紅茶」の特別装飾を施しメッセージを公開します。装飾作業は前日5月4日(木)の閉店後に開始し、「午後の紅茶の日」当日朝に完成。その一連の様子は、当日正午ごろにKIRIN公式SNSアカウント(Facebook、Twitter)で配信予定です。
 このプロジェクトを通して、「午後の紅茶」が日々の「休息」に寄り添うブランドでありたいという願いを込めています。
[画像2: リンク ]

【プロジェクト実施概要】
店名:Sign 外苑前 (さいん がいえんまえ)
プロジェクト実施日:2017年5月5日(金・祝) 午後の紅茶の日 AM8:00~PM11:59
住所:東京都港区北青山2-7-18 山崎ビル1F 地下鉄銀座線外苑前駅3番出口から徒歩0分

【KIRIN公式SNSアカウント】
キリンビバレッジFacebookアカウント リンク
キリンビバレッジ Twitterアカウント リンク


<Sign 外苑前で実施することになった背景>
 『Sign 外苑前』は2002年の開店以来、東京の真ん中で働く人からプライベートを楽しむ人たちまで幅広い方に愛され続けている人気カフェです。慌ただしい都会の中で、いつも「上質な休息の場」を提供してきた同店と、「午後の紅茶」のブランドコンセプト「がんばっている人に上質な休息を提供する」との間に強い親和性を感じたため、この企画を一緒に行うことになりました。

[画像3: リンク ]


<5月5日は「午後の紅茶の日」>
 「キリン 午後の紅茶」が2015年に発売30年目を迎えたことをきっかけに、より多くの方に「午後の紅茶」に接してもらい、5月の行楽シーズンを「午後の紅茶」と共に上質なひとときを過ごていただきたいとの願いを込めて制定いたしました。


2.抽選で「キリン 午後の紅茶」がもらえる! Twitterキャンペーンも同時開催
 今回のプロジェクト実施に合わせ、@Kirin_Companyをフォローして該当ツイートをリツイートするだけで、その場で当たりが分かるプレゼントキャンペーンを開催します。

<#5月5日は午後の紅茶の日 Twitterキャンペーン 概要>
キャンペーン名:#5月5日は午後の紅茶の日 ツイッターキャンペーン
応募条件:@Kirin_Companyをフォローしてキャンペーンツイートをリツイート ※1アカウント1日1回
実施期間:4月28日(金)~5月8日(月)
賞品:「キリン 午後の紅茶」(500ml)6本セット×605名様(55名×11日) ※重複当選なし ※後日発送

<キャンペーン参加フローイメージ> ※当選者には、ダイレクトメッセージでご連絡いたします。
[画像4: リンク ]


3.「キリン 午後の紅茶」について

[画像5: リンク ]


1986年に日本初のペットボトル入り本格紅茶として誕生し、30年以上ご愛顧いただいている紅茶飲料のNo.1※ブランドです。
2016年は、年間販売数量が、紅茶飲料カテゴリー史上初となる5,000万ケースを突破しました。
※株式会社食品マーケティング研究所調べ(2016年実績)


「午後の紅茶」はこれからも、紅茶の新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案することで、シーンや場所を選ばず飲める、お客様の生活に欠かせない飲料となることを目指します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。