logo

U25学生対象 年額120万円の奨学金 後期募集 5月15日(月)まで

公益財団法人クマ財団 2017年05月01日 10時00分
From PR TIMES

「クリエイター奨学金」 締切まで 2 週間

「クリエイター奨学金」は、次代を担う学生クリエイターの活動を支援・助成することを目的としています。
2017 年 4 月 1 日現在で 25 歳以下の学生クリエイターを対象として選考を行い、選抜された 50 名に対して月額 10 万円(年額 120 万円)を給付いたします。
創作活動に「本気で取り組む 1 年」を約束します。



[画像1: リンク ]


■前期募集を終えて■
募集開始時より非常に大きな反響をいただき、創作活動に取り組む多くの学生クリエイターからエントリーがありました。海外からの積極的な応募をはじめ、対象例のほかにも「舞台芸術」「刀鍛冶」「お笑い」「バイオアート」など、多岐にわたる応募がありました。また、応募が多かったものは、「映像演出 (VJ)」「メディアアート」「ドキュメンタリー」などを含む映像分野でした。

世界での活躍が期待される学生クリエイターのみなさまと直にお会いする中で、自身と異なるジャンルで活躍する同世代クリエイターと のつながりや、そこから生まれる創作のヒント、作品を発表する機会が強く求められていることを再認識しました。 引き続き、交流と発信を軸とした「新しい奨学金の形」を模索してまいります。

■カリキュラム■
奨学金の支給開始時から翌年 3月の成果発表会まで創作活動を総合的にサポートします。 世界で活躍するクリエイターになるためには個人で創作活動をするだけでは足りず、「セルフプロデュース能力」を身につけて作品を発表 し続け、その道の第一人者や企業、あるいは多くの人から評価されることが不可欠です。 そこでクマ財団では、個人で行う「OUTPUT/ 創作活動」と並行して、「INPUT/ 学び」「PREVIEW/ 共有(中間発表)」「BRUSH UP/ 向上」 「OUTCOME/ 成果発表」をカリキュラム化することで未来のトップクリエイター誕生をサポートします。
[画像2: リンク ]


■対象クリエイター■
<技術者>テクノロジー・サイエンス・アプリ・サービス・ゲーム・ロボット・VR・言語・ツールなど
<アーティスト>映画 ・アニメ ・漫画・作曲・プロダクトデザイン・グラフィック・建築・写真・絵画・彫刻・ファッション・メディアアー ト・工芸・小説・書道・戯曲・パフォーマンスなど

■締め切り■ 2017 年 5 月 15 日(月)19:00
※前期応募者の再エントリーも可能となっております。新しい作品を追加するなど、提出書類を刷新してご応募ください。

■選考委員■
星野 准一 筑波大学院准教授 / 押元 一敏 東京藝術大学准教授

■公益財団法人クマ財団とは■
株式会社コロプラの代表取締役社長である馬場功淳が、2016 年 3 月 30 日に設立致しました。
才能を持った人に「いいもの」を作って欲しい――そんな馬場の想いのもと、次代を担う若きクリエイターの活動を支援・助成すること を目的としています。学生クリエイターを対象とした「クリエイター奨学金制度」の制定を主軸に、勉強会・交流会・プロによる批評会といっ たインプット機会の提供や、制作した作品の展示会など発表の場の提供、クリエイターとしての起業・独立支援などあらゆる側面から創 作活動を積極的に支援してまいります。(2016 年 3 月 30 日 一般財団法人クマ財団 設立/同年 11 月 1 日 公益財団法人クマ財団に移行)

■理事長馬場功淳からのメッセージ■
私もクリエイターの一人として、これからの日本を担う若き才能を応援していきたい、誰もがその独創性を自由に表現できる社会にしたいという想いを持ち続けてきました。気概に満ちた学生クリエイターのみなさまにクマ財団を活用していただくことで、世界の方々の生 活がより楽しく、より素晴らしくなることを願ってやみません。クリエイティブの力で、ともに世界を変えていきましょう。
[画像3: リンク ]

■クリエイター奨学金事務局■
担当:石井、小川、大山
〒150-6011 東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 11 階
E-mail : contact@kuma-foundation.org
Web : リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。