logo

【日本初】会員制オンライン禅コミュニティ「磨塼寺(ませんじ)」が、2017年5月1日にオープン

合同会社メイジュ 2017年05月01日 09時33分
From PR TIMES

ーパラダイム・シフトする坐禅とはー

曹洞宗国際センター所長の藤田一照が主宰するオンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺(たいくうざんませんじ)」が、2017年5月1日にオープンしました(運営母体:合同会社メイジュ)。「オンライン坐禅会」という新しいスタイルの坐禅会の開催や、坐禅講義をオンラインで提供する、日本初の会員制オンライン禅コミュニティです。URL: リンク




[画像1: リンク ]

スティーブ・ジョブズが深く傾倒していたことから、欧米での注目が高まり続けている「禅」。欧米で大きな潮流が起きているにも関わらず、日本での注目度はさほど高くなく、固く・閉じたイメージが残っています。そんなイメージを大きく刷新しようとしているのが、日本初の会員制オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺」です。

主宰者藤田一照は、既存のあり方にとらわれないユニークな禅僧。これまで一度も寺院に住さず、アメリカで17年半に渡り坐禅を指導してきました。現在は日本をベースに、全国各地から講座や講義に招かれ坐禅の講義・指導にあたるにとどまらず、曹洞宗大本山永平寺や、世界各国で開催される曹洞宗の行事にも招かれています。

時代の流れや要望に抵抗しない藤田氏により、この度イノベイティブなお寺として「大空山磨塼寺」がオープンしました。


藤田一照の唱える坐禅観とは


[画像2: リンク ]

「坐禅はある目的を持った、決められた方法を実践してセルフ・コントロールのメソッドを実行することではありません。求めて得たものは必ずいつか失われます。求めないという豊かな世界をわれわれに開いてくれるのが坐禅なのです。」

物足りたいという思いから、目的を持って、それを目指し、自他をコントロールしようとするのは有心の状態。このようなパラダイム(思考の枠組み)が根底から覆されることが、存在の次元へパラダイム・シフトする坐禅だと、藤田一照は言っています。


■特徴

オンライン上で坐禅を禅僧から直接学べる

会員専用ページでは、坐禅の教えを記事や動画で閲覧できるだけでなく、コメント投稿などを通じた会員間の交流が可能です。坐禅の教えは、週刊メールマガジンを通じても購読できます。テクニックや方法論の習得を目的とは異なる、正しい坐禅観を持つことを重視した本質的な教えと実践の指導が受けられます。


オンラインで坐禅会に参加できる

「オンライン坐禅会」という新しいスタイルの坐禅会を、藤田一照氏がライブ動画配信によって定期的に開催します。携帯端末やPCがあればどこからでも参加できるため、寺院や坐禅会場に行かずとも気軽に取り組むことができます。単に講義を受けるだけではなく、実践の蓄積が重視されています。


坐禅を学ぶ仲間と出会い・交流できる

オンライン交流を通じて学びを深めたり、イベントなどのリアルな交流を通じて仲間との繋がりを持てる場です。グループ交流機能により、各自が興味あるテーマ(仕事、アート、海外、IT、デザインなど)について会員間で交流することができます。会員の自主的なイベントなど企画や主催も可能な場です。

3月21日に先行して事前予約開始、4月20日に本申込み開始、5月1日に本格オープンしました。
5月31日までに正会員として入会した場合、先着30名に限り2週間無料特典サービス中。


■月会費
・正会員:4,860円/月(税込)
会員向けオンラインページ利用、週刊メルマガ購読、リアル坐禅会・イベント参加権利
・メール会員:864円/月(税込)
週刊メルマガ購読

■特典
正会員:5月中の入会で、先着30名に限り2週間の無料特典を付与。
5月入会の受付け人数は残り30名。6月以降の受付け開始時期は現在未定。
メール会員:人数無制限で受付中。

■申込み
2週間無料特典(2017/5/31まで):リンク
通常プラン:リンク
詳細:リンク

■本件に関する問い合わせ
磨塼寺事務局:石田
TEL:050-3479-1146
Email:info@masenji.com
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事