logo

5/2 (火) Instagrammerによる雑誌 Inspiration Cult Mag〈ICM〉の第二章突入を記念し、AKLO、SALUら新世代のヒップホップアーティストが登場!

株式会社グローバル・ハーツ 2017年04月28日 19時27分
From PR TIMES

『グローバルな視点に立つInstagrammerによるアートと音楽の祭典』

Instagramでのキュレーション、創造性溢れるフォトグラファーをフィーチャーする雑誌の出版をベースに、ストリートカルチャーをアップデートするInspiration Cult Mag。
その独自の感性をクラブカルチャーと手を組むことにより遺憾なく発揮する”場”として昨年始動したイベントSuper Plume featuring Inspiration Cult Mag。



[画像1: リンク ]



[動画1: リンク ]




毎回ラウンジスペースに併設される写真展ではInspiration Cult Memberによる現在進行形の今のストリートを切り取った写真が展示されることにより”アート””音””ファッション”の表現者達が濃厚にコンテンツと絡み合うこととなる。今回はメインフロアの出演者としても名を連ねるAKLOが写真展にも参加しフォトグラファーとしての側面を披露する。





ラウンジスペースのオーガナイズには、LAを拠点に世界中で活躍する音楽制作者やプログラマーなどが集った最先端クリエイティブ集団Soulectionのyukibebを抜擢。さらに、メインフロアに次世代クリエイターAKLO、SALU、Jazee Minorのライブをフィーチャーすることによりその音楽的方向性を確実な物としInspiration Cult Magの掲げるストリートカルチャーのアップデートにふさわしい内容となっている。

【Inspiration Cult Mag】
リンク
リンク

============================================================
Super Plume featuring Inspiration Cult Mag vol.007 The Apocalypse Of Street
2017.05.02 Tue at Contact Tokyo
Open 10PM
¥3000 Door / ¥2500 W/F / ¥2000 GH S Member / ¥2000 Under 23 / ¥2000 Before 11PM

Studio:
AKLO – Live
SALU – Live
JAZEE MINOR – Live
DEFLO
KM
K27T
MO’TENDERS
MINAMIKAWA
KRKW
Contact:
Yukibeb (Soulection)
Submerse
ShioriyBradshaw
StupidKozo
Mat jr (Tokyo Vitamin) -Live
Que (Tokyo Vitamin)
NINA
VJ:
Naohiro Yako
============================================================

[画像2: リンク ]

東京生まれメキシコ育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。 O.Y.W.M. (One Year War Music) 所属のラッパー。 2012年にリリースしたデビュー作”THE PACKAGE”はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。その年のiTunes”ベスト・ニュー・アーティスト”への選出やシングル曲”Red Pill”がMTV VMAJにノミネートされるなど、各メディアで高い評価を集め、一躍、注目アーティストとなる。2013年にはNIKE “AIR FORCE” 30周年オフィシャル・アニバーサリー・ソング “Future One” を発表。また、同年には満員御礼となったSHIBUYA-AXでの東京公演を含む、レーベルメイトのSALUとのツーマン・ツアー [O.Y.W.M TOUR 2013] を東名阪にて実施し、大成功させる。 2014年、2年振りとなる待望の2nd アルバム “The Arrival” をリリース。iTunes Best of 2014ではヒップホップ / ラップ部門で年間最優秀アルバムを受賞。2015年、自身2度目のワンマンを渋谷クアトロで開催しチケットは即完。また、シングル曲”RGTO”はMTV VMAJやSSTV MVAにノミネートされ、YouTubeでは200万回再生を突破するなどジャンルを問わず多くの音楽好きの間で話題となっている。

---------------------------------------------------------------------------------
[画像3: リンク ]

1988年札幌生まれ、神奈川育ち。14歳で日本語でラップを書き始めた噂のニュータイプ、SALU (サル)。
札幌、神奈川藤沢、厚木、シンガポールなどを “根無し草” のように都市を渡り歩いてきたSALUだからこその観察力と洞察力で綴る情景豊かなリリックには独特の呼吸とライミングがあり、それによって生み出される浮遊感からその言葉は私達の心に素直に入ってくる。
ヒップホップ / R&B 界の新進気鋭のプロデューサーとして辣腕をふるい、KREVA、EXILE、西野カナ、少女時代などジャンルレスにヒット曲を提供するあのBACHLOGICとの宿命的な出会いによって彼の運命が動き始める。この時、BACHLOGICがSALUの才能に刺激され、レーベル “ONE YEAR WAR MUSIC” をつくってしまったという逸話は、同業者(アーティスト)の嫉妬も拍車をかけるかたちでシーンで話題になった。
そのBACHLOGIC総指揮のもと、2012年3月にリリースされたファーストアルバム『In My Shoes』は、23歳にして得た濃厚な人生経験と、初期騒動に裏付けされたSALUが “In My Shoes(= 僕の立場から)” から見た世界について歌った作品で、Jヒップホップのフィールドでは異例のスマッシュヒットとなり、iTunes 総合チャートでも上位を記録。また第5回CDショッブ大賞やVMAJ、スペースシャワーMVAにノミネートされる等、SALU旋風は目利きの関係者の間で語り草に。KREVAや木村カエラなど様々な方面から絶賛され、ヘッズは勿論、2013年にはArabaki Rock Fest.、Rock In Japan Festival、MTV Zushi Fes、Sweet Love Shower、Sunset Live 等の夏フェスに出演し、これまでラップに興味がなかったロックリスナーをも熱狂させた。
さらに2014年5月に自身2枚目となる、メジャーでは初のフルアルバムをリリース。リリース後は初のワンマンツアー “TOUR OF COMEDY ~喜劇の旅~” を地元の札幌を皮切りに名古屋、福岡、大阪、東京で開催。また、SMAPや若旦那 (湘南の風) へ楽曲提供するなどソングライターとしても活躍している。
[動画2: リンク ]



============================================================
Contact Tokyo
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
リンク
You must be 20 and over with ID.
※Contactご来場のお客様には会員登録をお願いしております
===============================



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。