logo

Enea、ネットワーク・エッジ向けのマルチアーキテクチャNFVソフトウェア・プラットフォームを発表

Enea 2017年04月28日 18時24分
From 共同通信PRワイヤー

Enea、ネットワーク・エッジ向けのマルチアーキテクチャNFVソフトウェア・プラットフォームを発表

AsiaNet 68319

プレスリリース


Enea、ネットワーク・エッジ向けの
マルチアーキテクチャNFVソフトウェア・
プラットフォームを発表

Enea(R) NFV Core - ネットワーク・オペレータ、サービス・プロバイダ、
テレコム/ネットワーク機器メーカーに向けた商用利用可能な
OPNFVベースのプラットフォーム

2017年4月26日、スウェーデン・ストックホルムにてー Enea(R)(NASDAQ OMX Nordic:ENEA)は本日、ネットワーク・エッジ用途向けに最適化されたNFVソフトウェア・プラットフォーム「Enea(R) NFV Core」を発表しました。Enea NFV Coreは、ネットワーク・エッジ機器を業界標準のNFV技術を用いて仮想プラットフォーム化を目指すネットワーク・オペレータ、サービス・プロバイダ、テレコム/ネットワーク機器メーカーを主な対象としています。

NFVの導入により、CapEx(設備投資)とOpEx(運用コスト)を削減でき、新サービスを開発するための柔軟性が得られます。データセンター/クラウド向けのNFVソフトウェアは成熟期に入り、その結果としてコモディティ化が進んでいます。しかし、基地局/CPE(顧客構内設置機器)向けは開発途上であり、ソリューションを提供している独立系ソフトウェア・ベンダはまだほとんどありません。 また、エンドユーザーのユースケース(利用用途)が異なるため、ソリューションの分化が進む可能性が高いと見られます。

Eneaは、vCPE(仮想化された顧客構内設置機器)をはじめとする一般的な分散型NFVユースケースに対応し、中央オフィス用途に特化したNFVプラットフォームとしてEnea NFV Coreを開発しました。Enea NFV Coreは、オープンな業界技術標準であるOPNFVとOpenStackをベースとしているため、オープンソース・コミュニティの迅速な技術革新のメリットを活かすことができます。マルチアーキテクチャ対応により、Intel x86、ARM両方のCOTS(商用オフザシェルフ)ハードウェアで、VNF(仮想ネットワーク・ファンクション)を実行できます。

Eneaの製品管理担当シニア・バイスプレジデントKarl Mornerは、次のように述べています。「Eneaは、データセンター外のアクセス・ネットワークで培った豊富な経験と知識に基づき、エッジ市場に対するソリューションや貢献に重点を置いています。Enea NFV Coreは、お客様の時間と手間を省くために、特にエッジ用途に合わせて、設定・統合・最適化・商用試験を行っているため、すぐにデプロイすることができます。」

Caviumのネットワーク/通信グループでバイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーを務めるRaj Singh氏は、次のように語っています。「Caviumは、クラウド、データセンター、インテリジェント・ネットワーク、セキュリティ用途のマルチコア・プロセッサSoC市場でのパフォーマンスリーダーとして、ARMベースのプラットフォーム向けに、コンピューティング、I/O、ハードウェア・アクセラレータを標準APIにより統合した最適化済みのマルチコアSoCを開発・製造しています。CaviumとEneaは、次世代型ハイブリッドNFVアーキテクチャ向けソリューションを提供し、サービス・プロバイダやテレコム機器メーカーによる開発の迅速化を支援します。」

Photo - リンク

Caption - ' Enea NFV Core アーキテクチャー '

Enea NFV Coreは、ハードニング(堅牢化)を行ってすぐにデプロイできる状態で出荷されるため、起ち上げに数か月も費やす必要がありません。これは、他のオープンソースでは得られないメリットです。また、事前に設定・強化・最適化を実施することにより、エッジ用途に必要なパフォーマンスと可用性を確保し、統合・品質テスト・検証を通じて、デプロイ・プロジェクトから複雑性とリスクを排除しています。

詳細については、Enea NFV Coreのウェブページwww.enea.com/enea-nfv-coreをご覧ください。


Eneaについて
Eneaは、ネットワーク・ソフトウェア・プラットフォームおよび世界クラスのサービスを提供するグローバル・サプライヤです。インターネットでつながる社会において画期的な機能を開発できるよう、お客様を支援しています。オープンソース・コミュニティの主要な貢献企業として、お客様や主要ハードウェア・ベンダーと連携し、最適なソフトウェア・ソリューションの開発と強化に取り組んでいます。Eneaのテクノロジーは、テレコムから自動車、医療、航空に至る各種分野の様々なアプリケーションに搭載され、世界中の30億以上の人々に日々活用されています。Eneaは、ヨーロッパ、北米、アジアに拠点を置き、NASDAQ OMX Nordic Exchange Stockholm ABに上場しています。Eneaの詳細については、www.enea.com をご覧いただくか、info@enea.comまでお問い合わせください。

Enea(R)、Enea OSE(R)、Netbricks(R)、Polyhedra(R)、Zealcore(R)、Enea(R) Element、Enea(R) Optima、Enea(R) LINX、Enea(R) Accelerator、Enea(R) dSPEED Platform、およびCOSNOSは、Enea ABおよびその子会社の登録商標です。Enea OSE(R)ck、Enea OSE(R) Epsilon、Enea(R) Optima Log Analyzer(R)、Enea(R) Black Box Recorder、Polyhedra(R) Lite、Enea(R) System Manager、Enea(R) ElementCenter NMS、Enea(R) On-device Management、Enea(R) NFV Core、およびEmbedded for Leaders(TM)は、Enea ABまたはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。All rights reserved.(c) Enea AB 2017.

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事