logo

アクサダイレクト生命、インターネット保険窓販をイオン銀行で開始

アクサダイレクト生命 2017年04月28日 15時00分
From PR TIMES

~ 流通系銀行と初の提携 ~

8年連続 世界No.1の保険ブランド*1AXAグループのアクサダイレクト生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、URL: リンク、以下「アクサダイレクト生命」)は、株式会社イオン銀行(本店:東京都江東区、代表取締役社長:渡邉廣之、以下「イオン銀行」)において、2017年4月28日よりインターネット保険窓販を開始いたします。



アクサダイレクト生命は、ネット完結型申込プロセスの生命保険の販売を、既に主要地方銀行など10行と実現していますが、今回は流通系銀行との初の提携になります。

イオン銀行は、365日年中無休のインストアブランチ(イオンショッピングセンター内に設置する有人店舗)やATMに加えて、インターネットバンキングを有機的に組み合わせたビジネスモデルで業績を伸長させています。アクサダイレクト生命のペーパレスな申込プロセス、オムニチャネル対応が、イオン銀行のビジネスモデルと合致し、パートナーとしての提携が実現しました。

アクサダイレクト生命 代表取締役社長の斎藤英明は次のように述べています。
『当社はインターネットのダイレクトチャネルを軸としてオムニチャネル戦略を推進しているが、ネットで保険を検索・比較することが当たり前になってきたお客さまのご支持を多く頂いている。今般、確固たる顧客基盤と営業基盤を有するイオン銀行との提携により、さらに多くのお客さまに商品・サービスをご提供することが可能になる。イオン銀行とwin-winの関係を築ける、とても意義のあることであると考える。』

【イオン銀行におけるインターネット保険窓販の概要】
開始時期 : 2017年4月28日
取扱商品 : アクサダイレクト生命が販売する4商品*2
取扱形態 : イオン銀行ホームページ経由での申込み

*1 インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2016」より
*2 「定期保険2」「収入保障2」「終身医療」「がん終身」


アクサダイレクト生命について
アクサダイレクト生命は、2008年4月より営業を開始した日本初のインターネット専業生命保険会社で、アクサ生命保険株式会社の100%子会社です。アクサ生命、アクサダイレクト生命、アクサ損害保険の3社で形成されているアクサ ジャパン グループのダイレクトビジネスを担う生命保険会社として、手頃でわかりやすく、お客さまが自信を持って選択できる保険商品を、インターネットを通じて提供しています。チャネルとデバイスを複合的に活用することでサービスの利便性向上をはかり、お客さまが納得してご契約いただけるよう独自のオムニチャネルを構築しています。

AXAグループについて
AXAは世界64ヶ国で16万6,000人の従業員を擁し、1億300万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2015年度通期の売上は990億ユーロ、アンダーライング・アーニングス(基本利益)は56億ユーロ、2015年12月31日時点における運用資産総額は1兆3,630億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。