logo

世界最大のインテリジェント・グリッド展開が新しいマイルストーンを達成

Landis+Gyr 2017年04月28日 15時19分
From 共同通信PRワイヤー

世界最大のインテリジェント・グリッド展開が新しいマイルストーンを達成

AsiaNet 68348 (0623)

【ツーク(スイス)2017年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*Landis+Gyrは東京電力が公益事業IoTネットワーク上に1000万基のデバイスを設置したことを祝福する

エネルギーの供給・管理方法を変換する世界的リーダーのLandis+Gyrは、東京電力(TEPCO)が進めているグリッド改革プロジェクトが1000万基の高度メーター・デバイスを設置し、世界最大のIoT利用ネットワーク上で通信していると発表した。その際、この複雑なプロジェクトは現在、ユーティリティー産業では類がない広大な範囲と展開ペースを達成した。

東京電力の山口博代表執行役副社長は「当社の展開は順調に進展しており、ネットワークのエンドポイントで1000万基のマイルストーンを達成したことは、われわれのプログラムの効率性とLandis+Gyrが開発した当社の最先端システムの能力を明確に示すものである。2020年までに完了することを目標としているが、それを前倒しすることは可能であり、顧客の必要性に応えるメリットは大きいと確信している」と語った。

このコネクテッド・プラットフォームを推進するのはLandis+GyrのIPv6マルチテクノロジー・ネットワークであり、RF Mesh、G3 PLC、セルラー通信を使って公益事業者と消費者を結び付け、Wi-SUNに準拠するコネクティビティーを家屋に提供する。

現在、このネットワークは1日当たり5億1300万のインターバル検針速度で、デバイスのデータを送信している。完了すれば、東京電力は1日当たり13億のインターバル・データパケットを転送する2700万のメーターと数百万のその他デバイスを展開することになる。これらの通信のすべては、Landis+Gyrのヘッドエンド・システムおよびメータデータ管理ソリューションによって処理される。

Landis+Gyrのリチャード・モラ最高経営責任者(CEO)は「今回の展開に伴うプロジェクト、設計要件、全体目標のスケールは、この業界では前例がない。これだけ大量のデータをルーティング、管理するのは困難な課題ではあるが、われわれは展開目標に応え、プロジェクトを前倒しで完了することができる。Landis+Gyrは東京電力がこの素晴らしいマイルストーンを達成できたことを祝福する」と語った。

Landis+Gyrのネットワークおよび送電管理技術は、東京電力の多数のスマートグリッドおよびスマートシティー・イニシアチブをサポートする。例えば、2016年4月に実施された日本の電力市場規制緩和は、代替事業者を利用するすべての顧客の検針を30分間隔で共通ポータルに送信することを規定しており、エネルギー小売り事業者はほぼリアルタイムで顧客データにアクセスすることが可能になっている。その他の性能目標には、同じネットワーク上で1時間当たり650万のデマンドレスポンス・リクエストに応答する能力も含まれている。

東京電力は平均3カ月毎に百万のスマートメーターおよびデバイスを設置し、展開を始めて3年足らずで1000万基のメーター設置を達成した。東京電力は7年間で、ネットワーク上で稼働する3000万基のユーティリティーおよび消費者デバイスを設置する。

東京電力は日本で最大、世界で4位の電力事業者である。東京電力は東京都、山梨県、静岡県東部を含む関東地域の4500万人に電力サービスを提供している。

モラCEOは「日本におけるLandis+Gyrの先駆的な業務は、公益事業者によるエネルギー供給方法の変革を支援する当社の世界規模の能力を示す好例である。当社は欧州、北米、アジア、南米のユーティリティーと主要な契約を締結しており、世界のエネルギー管理向上を支援する当社の比類のない能力を極めて誇りに思う」と語った。

▽Landis+Gyrについて
Landis+Gyrは、信頼性、エネルギー効率、消費者エンゲージメントを向上させる公益事業者向けソリューションによって、世界のグリッド改革をリードしている。同社の総合的ポートフォリオには、標準規格準拠のスマートグリッド・ネットワークおよびインテリジェント・デバイス、分析およびデータ管理、再生可能エネルギーの統合、エネルギー貯蔵が含まれる。Landis+Gyrは5700人を雇用し、31カ国の消費者をサポートしている。同社は15億米ドルを超える売上高を擁し、東芝(東京証券取引所:6502)の独立系成長プラットフォームとして操業し、日本の産業革新機構(INCJ)が40%を所有している。詳細はウェブサイトlandisgyr.com を参照。

ソース:Landis+Gyr

▽問い合わせ先
Thomas Zehnder
+41 41 935 6000
Thomas.Zehnder@landisgyr.com

Casey Clark
+1.202.346.8844
casey.clark@fticonsulting.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。