logo

カンタッチバー専用CT搭載分電盤を発売

パナソニック 2017年04月28日 13時30分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、カンタッチ(※1)モジュールの電流センサを新たに開発し、分電盤の小型・軽量化を実現した「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)搭載分電盤」を、2018年1月に発売します。

平成27年度国土交通省の建築設備設計基準により、部署別、フロア別などの電力計測が求められるようになり、首都圏を中心とする再開発事業での電力自主計測によるエネルギーマネジメントの必要性が高まっています。電力の見える化推進により、電力計測を行う指定項目が増えたことで、計測器を搭載する分電盤が大型化する傾向にあり、電気室などに分電盤を設置するスペースの確保が難しくなっています。このような状況の中、パナソニックは、「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」を開発し、計測器を搭載した分電盤の小型・軽量化を実現しました。パナソニックは、エネルギーマネジメントの普及に貢献していきます。

従来の分電盤は、照明回路、OA回路、コンセント回路などの設備ごとに電力計測を行うために、複数の電力計測器が必要となり、分電盤の大型化につながっていました。今回、開発した「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」を設置することで、分電盤の小型・軽量化を実現しました。
「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」の取り付け方法は銅バーに挟み込むだけで、一定方向への設置となり、誤配線、誤接続などの間違いがありません。さらに、分電盤内でCT(※2)に電線を貫通させる作業がなくなり、施工性の向上が図れます。

パナソニックは今後も、施工現場のさまざまなニーズにお応えし、電気設備の安全、安心に貢献していきます。

なお、本製品は2017年5月17日(水)~5月19日(金)に東京ビッグサイトで開催される「JECA FAIR2017~第65回電設工業展」に出展します。

<特長>
1. 複数の電力計測器を「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」に置き換えることで、計測器搭載分電盤の小型化と軽量化を実現
2. 「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」により、取り付け方法が簡単になり、施工時の誤配線、誤接続を防止
3. 「カンタッチ(※1)バー専用CT(※2)」により、分電盤内でCT(※2)に電線を貫通させる作業がなくなり、施工性が向上

【製品名】カンタッチバー専用CT搭載分電盤
【希望小売価格(税抜・工事費別)】
カンタッチバー100A専用CT:23,000円
カンタッチバー225A専用CT:33,000円
【発売日】2018年1月より発売
【販売目標】2.5億円/2018年

※ 「カンタッチ」は、パナソニックグループの登録商標です。
※1 「カンタッチ」とは、パナソニック製分電盤に搭載するパナソニック独自の規格構造で、ねじを使用せずに負荷側の接続が可能な機器の総称です。
※2 「CT」とは、Current Transformerの略。非接触式で交流電流を測定することのできる電流センサ。

【お客様お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付 9:00~20:00)
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部
パワー機器ビジネスユニット 企画開発部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] カンタッチバー専用CT搭載分電盤を発売(2017年4月28日)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事