logo

CHINTAIが発信する、東京の街の魅力を伝えるWebマガジン「haletto」がリニューアルします!

 首都圏に住む20代~30代の女性向けに情報発信しているメディア「haletto(ハレット)」(運営:株式会社CHINTAI、本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:佐藤茂)は、2017年4月28日(金)に、これまでの内容を踏まえ、発展的に全面リニューアルオープンいたします。



 2013年にキュレーションメディアとしてスタートしたhalettoは、ライフスタイル情報やイベント情報などを首都圏の女性に向けて配信してまいりました。リニューアル後は、「まだ知らないTOKYOの新ガイドブック」をコンセプトに、編集部が実際に体験し感じたことを取材。東京近郊の文化、食、自然、暮らし方、遊び方などさまざまな情報を発信してまいります。

■URL
リンク

■新コンセプト
まだ知らないTOKYOの新ガイドブック

■新タグライン
晴れた日には でかけよう

■新ロゴ

[画像1: リンク ]



■リニューアルの目的
 halettoのもつ世界観やメッセージをより明確化するために、ロゴやコンセプト、記事コンテンツの方向性を刷新、サイトデザインも見直し、Webマガジンとして発展的にリニューアルします。

■リニューアルの狙い
「もっと、心地良いと感じる暮らしができる場所に、出会って欲しい」

 CHINTAIは自分らしい部屋を見つけることができるサービスとしてCHINTAIネットを運営しております。これからは、「部屋」だけではなく「街」も知ることが、自分らしい「暮らし」を実現できる術になると考えております。

 しかし、近年多くのユーザーは、定期的に発表される「住みたい街ランキング」を参照して住む場所を選ぶ傾向にあります。それは、地方から出てくる学生や新社会人、転勤等で急いで部屋探しをしなければいけない人、つまり「東京をあまり知らないユーザー」にとって、そういった表面的な情報だけを元に、街選び=部屋選びをしてしまっているのが現状です。

 東京はそれぞれの「駅」を単位としたエリアベースがあり、個々の街には個性があります。それぞれ街の個性や特徴を、自分に合う、合わないの価値観と照らし合わせて、住む街を選択する術もあると、よりよい部屋探しにつながるとhalettoは考えます。

■halettoのこれから
・オリジナル記事を配信
 これまで「まとめ」型(キュレーションメディア)で記事を配信してきましたが、リニューアル後は、編集部が体験し実際に感じたことを取材執筆、リアルな東京近郊エリアの情報を届けます。

・毎月テーマに沿った特集記事を配信
 毎月テーマを決めて、それに沿った複数本の記事を読むことで、より読者がでかけたくなるワクワクを届けます。
 ◎4月号特集テーマ 「旅する東京ライフ」
 編集長の三宅が慣れ親しんだ東京の街を、旅行者の視点で、一泊二日の旅に出ます。
 リンク

[画像2: リンク ]

・積極的にワークショップを開催
 Webマガジンにとどまらず、リアルなユーザーとのコミュニケーション、価値観の共有を図るために、ワークショップ、イベントを積極的に開催し、ユーザー・読者の方々と一緒に考え、作り上げていくメディアを目指します。2016年末より、テーマ・地域性に根ざしたワークショップを定期的に開催、多くのユーザーの皆様にご参加いただきました。

■Webサイトイメージ
 
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



■新しくなったWebデザイン
 「外に出かけたいと思ったら、いつでもhalettoを“ガイドブック”として使ってほしい」という考えのもと、Webサイトもガイドブックをイメージしてデザインしました。

・天気、日付を毎日更新
 halettoを使えるガイドブックにするために、お出かけには必須な情報として、日付と東京の天気が常に表示されます。

・おすすめ情報には、haletto付箋
 特におすすめしたい記事やコラムには付箋をつけて表示。新着記事の情報としてわかりやすさをデザインしました。

・halettoの【ことば】
 日付と天気の下には、haletto編集部がいまの気持ちを伝える機能として、halettoの【ことば】が表示されます。※PC版のみの機能です。(2017年4月現在)

・halettoの【地図】
 halettoの【地図】では、記事内で紹介しているスポットや、haletto編集部が主催・共催したワークショップなどの位置情報をプロット。東京中がhalettoスポットで溢れるような世界観を構築します。


[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事