logo

記念日にママがしたいことアンケート調査【母の日にママを喜ばせる~キッズライン「母の日ボーナスキャンペーン」のお知らせ】

株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.) 2017年04月28日 07時30分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、5月14日(日)の母の日に向けて、パパからいつも頑張っているママにベビーシッターをプレゼントしてほしいと「母の日ボーナスキャンペーン」を本日よりスタート。スマホから即日も予約可能なベビーシッターサービス「キッズライン」は、母の日に日頃の感謝の気持ちを伝えたいけれどなかなか十分な時間が取れないパパや、記念日だからこそ夫婦二人で過ごす時間を作ったり、ゆっくり食事に行って日頃の感謝の気持ちを伝えたいという優しいパパを全力で応援します。


■理想と現実はかけ離れ・・・「夫婦ふたりで食事をしたい」ママが8割

キッズラインの会員(女性:152名、男性:8名)に夫婦2人だけで外食にでかけることがあるか聞いたところ、子供が出来てから「夫婦のみで外食はしない」と回答した人が約過半数に。
[画像2: リンク ]


この結果から見ても、子供ができると「夫婦ふたりの時間」を作ることが難しい日本の夫婦像が伺えました。しかしママの本音はどうでしょうか?

「夫婦の記念日、理想の過ごし方は?」と聞いたところ、なんと80%もの子どもを持つ親が、夫婦二人だけで食事に行きたいと思っていることがわかりました。


[画像3: リンク ]

理想と現実のギャップを埋めるためにも、今年こそはいつも頑張っているママに、「ありがとう」の気持ちとともに、二人だけの特別な時間をプレゼントする「母の日」を過ごしてみるのはいかがでしょうか?例えば、こんな風に。

[動画: リンク ]



■イケダンを応援!母の日・ボーナスキャンペーンのお知らせ

そこで、キッズラインは「母の日」がより特別な日になるよう、ママにベビーシッターをプレゼントできる「キッズラインギフト」のポイントボーナスキャンペーンを本日より開始いたしました。

たった1分で贈れる!最新・最高の贈り物「キッズラインギフト」とは?

[画像4: リンク ]


キッズラインギフトとは、ベビーシッターをプレゼントできるソーシャルギフトサービスです。相手のメールアドレスもしくはLINE IDが分かれば、会員登録など不要で、誰でも、簡単に、1分でベビーシッタークーポンを贈ることができます。1,000円から好きな金額を入力し、その場でも、プレゼント日時を指定してでも、簡単にご利用いただける他にはない新しいプレゼントサービスです。この度母の日キャンペーンに合わせて、ギフトメールの新デザインも追加。ぜひこの機会にご利用ください。
詳しくはこちら リンク

<母の日ボーナスキャンペーンの概要>

・キャンペーン期間:本日~5月14日(日)母の日まで

・以下のギフトクーポンを購入していただくと、キッズラインからスペシャルクーポンを上乗せしてボーナスプレゼントいたします。
 3000円以上のギフトクーポン購入→500円分ポイントを上乗せ
 5000円以上のギフトクーポン購入→1,000円分ポイントを上乗せ
※ギフトクーポンの有効期限は、受取人様が取得してから1年間ですが、本キャンペーンのスペシャルクーポンの有効期限は6月30日までとなります
※購入はどなた様でも可能です。

ギフトの購入はこちらから 
リンク


<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>
私たちキッズラインは、「日本にベビーシッター文化」を普及させるため、1時間1,000円から24時間オンラインで即日も予約手配可能なシッターサービスを提供してきました。今回はさらに、ベビーシッター利用をより身近に感じていただけるよう、誰もが、簡単、すぐに贈れるベビーシッターのソーシャルギフト「キッズラインギフト」の提供を通じ、気軽にベビーシッターを贈り合い、シッター文化がさらに広まるようキャンペーンを企画しました。5月14日の新しい形の母の日の贈り物として、ぜひ本件の取材にご協力いただけますと幸いです。

■ KIDSLINE(キッズライン)とは リンク
「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。現在800名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入され、小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: リンク

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。