logo

カビに負けない家づくり、ルーバードアが一役買います。

神谷コーポレーション株式会社 2017年04月28日 09時00分
From PR TIMES

カビの予防は湿気対策が大切です。でもドアを開けっぱなしにできない場所も。そんな時に役立つルーバードアシリースがシリーズ名を『Air』と変更し、リニューアルしました。

「Air」シリーズは指一本で簡単に開閉できる可動ルーバーがついており、ドアを閉じたままでも換気ができるので、湿気がこもりやすい洗面脱衣所やシューズクロゼットなど、開け放しておけない所に使えば、プライバシーを守りながら湿気を逃がしカビ予防に役立ちます。



[画像1: リンク ]



初夏になると気温も湿度も上昇します。そして梅雨になると室内干し等でよりさらに家の中の湿度が高くなるためカビが発生しやすくなり、毎年この時期からカビ対策に悩んでいる人はとても多いです。カビの予防に効果的なのはやはりなんといっても換気です。家を建てる際から空気の流れを意識し、カビの発生しにくい家にすることはとても重要です。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



ルーバードア『Air』でドアを閉めたまま換気


洗面室やシューズクロゼットは特に湿気や熱がこもりやすくカビの多い箇所です。かといって、普段開けっぱなしにはしたくない場所でもあります。
指1本で開閉できる、可動ルーバーのフルハイトドア『Air』があればドアを閉めたままで効果的な換気ができます。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]




機能だけじゃなくデザインも◎


換気ができてもデザインがいまひとつではせっかくのインテリアが台無しです。Airはシナの無垢材に塗装をした高級感のあるルーバー8色とドアカラー18色の144通りの色合わせができる、デザイン性の高いインテリアドアです。
[画像6: リンク ]



空気の流れが大切です


快適な家づくりには空気を滞留させないことも重要です。
高い外気温にあたためられた室内の空気は上昇し、天井あたりに溜まります。ドアを開けても上部の下がり壁に阻まれて、部屋の外にはなかなか出ていきません。下がり壁のないフルハイトドアを使うと、空気が滞留せず流れ出るので、体感温度も下がるので過ごしやすい家になります。
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]




反りに強いフルハイトドア


ハイドアのパイオニアである、フルハイトドアは独自の特許技術で反りに非常に強いのが特長です。
「内部と外部で空気を循環させる構造」
「スチールパイプを2本入れている」
この二つがポイントです。
もちろんAirをはじめすべてのフルハイトドアにこの技術が使われています。
[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]




◆Airの商品情報
寸法H(高さ): 2,400mm/H2,600mm
寸法W(幅): 551mm~W1,100mm
表面材: ドア:オレフィンシート貼MDF、強化紙貼MDF、シナ突板貼MDF 
     ルーバー:シナ無垢材

参考セット価格:109,000円~
参考URL:リンク
製造販売:神谷コーポレーション株式会社


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。