logo

ホットモブがALCANZARを発表 ブランド保護戦略を備えたDSP

ホットモブ(Hotmob) 2017年04月28日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

ホットモブがALCANZARを発表 ブランド保護戦略を備えたDSP

AsiaNet 68252

【香港2017年4月28日PR Newswire】ホットモブ(Hotmob)は21日、広告主のブランドが危険コンテンツに隣接して掲載されるのを防御するブランド保護戦略を備えたセーフティーファーストのデマンドサイド・プラットフォーム(DSP)を発表した。

プログラマティックのメディアバイイングでは、広告主が世界中のターゲット・オーディエンスにリーチするために、アドエクスチェンジとアドネットワークから膨大な数の在庫を調達することができる。しかしブランドの一部は、その名声を傷つけかねない問題のあるウェブサイト上や危険コンテンツの横に彼らの広告が掲出されていることに気がつくだろう。インテグラル・アド・サイエンスが2016年に発表した「Media Quality Report」は、全てのデジタルディスプレー広告の約8%、デジタル動画の11%に潜在的なブランドリスクがあると見積もっている。

多くの大手ブランドの広告がYouTubeの過激主義者の動画上で流れているとタイムズ紙が先月明らかにした通り、ブランドセーフティーは常に解決が困難な問題である。マークス&スペンサーやHSBCといったブランドは、ハバスUKのようなメディアバイイング・エージェンシーと共に、彼らの広告をすぐにGoogleから引き上げる対応をした。

ホットモブのジョニー・ウォン最高経営責任者(CEO)はこの問題について「不適切なコンテンツの隣に自分の広告が掲出されることについてブランドが非常に心配していることは理解している。それこそホットモブが異なったレベルの評価機能を持つブランド保護戦略を持つに至った理由である。当社独自のデマンドサイド・プラットフォーム(DSP)のALCANZARを通し、ウェブサイトとアプリのコンテンツをチェックする。これによって広告主は、自分の広告が適切な対策の下で危険コンテンツから保護されていると確信できる。

ALCANZARは高品質な在庫を提供することに重点を置いたセーフティーファーストのデマンドサイド・プラットフォーム(DSP)である。そのユニークなターゲティング特性により、広告主はユーザーのID、場所、時間帯、デバイス、コンテンツ・カテゴリーその他に基づいて特定のターゲットオーディエンス・セグメントを設定できる。また、広告主はホットモブのデータマネジメント・プラットフォーム(DMP)にファーストパーティー・データを統合することが可能で、リターゲティング・キャンペーンを実施してオーディエンスを拡大することができる。

▽ホットモブについて

ホットモブ(Hotmob)はハイブリッド・モバイル広告マーケットプレースを運営するモバイルマーケティング会社。アジア全体で急増する広告ニーズに対応するために、独自のアドテクノロジーと安定した広告配信プラットフォームにより、プレミアムかつ成果重視のモバイル広告ソリューションを提供している。

▽お問い合わせ先
Diana Kwok
+852-3728-2406
diana.kwok@hot-mob.com

Logo - リンク


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事