logo

クロスプラットフォームのUI開発フレームワークQtを開発するThe Qt Company Qt最大の祭典「Qt World Summit 2017」がベルリンで開催決定 早割チケット発売中!

The Qt Company oy 2017年04月27日 17時22分
From PR TIMES

2017年10月10日(火)~12日(木)@ベルリンコングレスセンター

クロスプラットフォームのUI開発フレームワークQtの開発元であるThe Qt Company oy(本社:フィンランド、日本支社:東京都中央区、日本支社代表:Dan Koo)は、Qt最大のイベント「Qt World Summit 2017」を10月10日(火)~12日(木)の3日間、ベルリンで開催します。



昨年はサンフランシスコにて開催し、世界各国からQtユーザー、システムエンジニア等、27カ国から約600名が来場し大いな盛り上がりを見せました。

14回目の開催となる今年は、Qtの最先端技術を駆使したデモンストレーションを行う他、Qtスペシャリストやゲストスピーカーによるプレゼンテーション等、テクニカル、ビジネスの両面から幅広いプログラムを予定しており、Qtの最新情報を紹介するだけでなく、異業種交流の場としてもご利用頂けます。

現在、6月15日(木)まで、「Qt World Summit 2017」に参加できる早割チケットを発売中です。
[画像1: リンク ]

※昨年サンフランシスコで開催した「Qt World Summit 2016」の様子
右記URLより動画をご覧頂けます。URL:リンク


【Qt World Summit 2017概要】

[画像2: リンク ]


開催日:2017年10月10日 (火)~12日(木)
場所:ベルリンコングレスセンター
(アドレス:bcc Alexanderstraße 11, 10178 Berlin, Germany)

【チケット情報】
下記2種類のチケットがあります。

<1.Two Day Conference Pass>
10月11日(水)と10月12日(木)の2日間のカンファレンスに参加できるパス
パーティー+ランチ+軽食込み
早割価格:€490.00 (税別) ※通常価格:€550.00(税別)

<2.Three Day Combo Pass(Pre-conference Training + Two Day Conference Pass)>
10月10日(火)に開催される、デスクトップ・組み込み・モバイルプラットフォームにわたるQt、C ++
およびOpenGLアプリケーションの世界No.1ソフトウェアコンサルタントKDABによるハイレベルなト
レーニングやガイダンスが含まれた1日パス(軽食・ランチ付)+上記のTwo Day Conference Pass
早割価格:€690.00 (税別)※通常価格:€750.00(税別)

6月15日(木)まで早割価格で販売中です。チケット購入は下記URLを参照下さい。
URL:リンク

【The Qt Company概要紹介】
■会社概要
会社名:The Qt Company oy
日本支社:東京都中央区京橋2−12−9京橋55−1
設立:平成28年7月(日本支社設立)
事業内容:クロスプラットフォームアプリケーション・UIフレームワーク「Qt」の開発・ライセンス提供
URL:リンク

■The Qt Companyについて
The Qt Companyは、フィンランドに本社を置き、クロスプラットフォームのアプリケーションフレームワーク「Qt」を開発、製品化及び商用とオープンソースライセンスの提供を行っています。
1990年代初期にノルウェーで誕生し、Qtを約20年間に渡り開発しています。現在は、中国、フィンランド、ドイツ、日本、韓国、ノルウェー、ロシア、米国で事業が展開されています。
2016年7月、日本国内におけるセールス&マーケティング及びテクニカルサポートを提供する日本支社を設立しました。日本市場は近年、自動車、家電、ロボット、オートメーションの有力企業がQtを標準化し発展を遂げており、今後、日本市場における事業展開に注力していきます。

■Qtについて

[画像3: リンク ]


Qtはマルチデスクトップ、組み込み型、モバイルのオペレーティングシステムに対するサポートを行い、開発者はアプリケーションやデバイス開発において、1つのフレームワークで複数のプラットフォームをターゲットにすることができます。
世界中で約100万人の開発者がQtを利用しており、車載システム、産業オートメーションデバイスおよび、その他主要なビジネスアプリケーションメーカー等、グローバルに展開する70以上の業界で利用されています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事