logo

新たなファッションブランドのあり方に迫る!インフルエンサー×こだわり工場のコラボファッションECサイト『sylph(シルフ)』NEW OPEN!!

株式会社 Sylphid 2017年04月27日 17時32分
From PR TIMES

~ソーシャルを活用したECサイト『sylph』ローンチのお知らせ」~

株式会社Sylphid(本社:東京都渋谷区、代表取締役/竹内 裕美子)は、ファッションECサイト『sylph(シルフ)』をローンチいたしました。2017年4月28日(金)18時にオープンいたします。



[画像1: リンク ]

服飾業界のあり方が日々変化しつつある昨今において、sylphでは自社ブランドの立ち上げに伴い、全く新しい「作り方」「広げ方」「売り方」についてご提案致します。
リンク

「服飾業界に新しい切り口を~sylphの3つの視点」


ブランドコンセプト
インフルエンサーと共同して取り組む新たな販売戦略
ECポータル機能を兼ね備えた販売サイト

【ポイント1】ブランドコンセプト
ファストファッションが席巻する現代にあって尚、我々の目指すべきもの作りのコンセプトは「生産者の顔が見えるリアルクローズ」にあります。
sylphでは販売している製品の多くに「生産者(=工場)」を紹介する専用ページを設け「誰が」「どこで」「どういう手法を用いて製造しているのか」をエンドユーザーに情報としてお届けしています。
弊社では仕様書(服の設計図)からパターン作成に至るまで、一つ一つの商品に対し社内で行うことで、これまで常に材質や品質に拘り続けてきました。
そう言った昔ながらの手間を掛けた生産工程に加えて、各地の優秀な認定工場の協力を仰ぎつつ、品質をお約束できる製品のみをお客様へとご提供させていただきます。

【ポイント2】インフルエンサーと共同して取り組む新たな販売戦略
生産品質が良くても、売れなければ原価が高騰し、結果定価は品質に正比例する形で引き上げられてしまう…。その様な通例を覆すべく、sylphではインフルエンサー事業部を先んじて発足し、各有名モデルと共にブランドを育成していく戦略を採用しました。
具体的には、有名モデルがそれぞれのブランドを担当し、企画段階より会議に参加した上で「デザイン監修」「フォトジェニックの考察」を経て製品化されております。
sylphではモデルが率先してInstagramを活用し各ブランドの告知を行う事で、エンドユーザーのソーシャル流入を狙った拡散装置になるものと考えました。

【ポイント3】ECポータル機能を兼ね備えた販売サイト
sylphは「ECポータル」としての機能を有しております。
ECの入り口は「Sylph総合トップページ」として存在しますが、そこから各ブランドを選択することでそれぞれの「専用ページ」へと遷移する事が可能です。
当専用ページは、他社の販売サイトリンクを繋ぎ込んだものではなく『SylphのECページ内に各ブランド専用ページが簡単に開設できる仕組み』を完成させました。
sylphのECサイト制作・運営を可能にすべく、現在は外部のIT開発企業と連携をし、服飾事業としてのみでなく、服飾市場におけるIT事業化というテーマへに率先して挑みます。


「弊社の各ブランドご紹介」
生産者の顔が見える高品質の製品を。-Bonn-Sylph(ボンシルフ)
~ブランド紹介~
生産者の顔が見えるブランドをコンセプトに、20代~30代の女性に向けた上質な普段着を提案。

~プロデューサー陣 紹介~

[画像2: リンク ]

◆土屋 香織◆
東京生まれマレーシア育ち、2人の女の子のママでありながら、女性誌を中心に読者モデル、通販サイトや広告を中心にモデルとして活動中。

[画像3: リンク ]

◆丸山 悠美◆
10代の頃からモデルとして活動、現在はモデルだけでなく、グラフィックデザイナーの顔も持っている。通販サイトや、ママ雑誌の読者モデル・広告モデルとして活躍中。

素敵なライフスタイルを提案するネイルサロン-Bonne shance(ボンシャンス)
~ブランド説明~
中田 絵里奈、独自の世界観から作られた非日常的なスペースに “BEAUTY&LIFE”を融合させ生まれたサロン『BONNE CHANCE』から生まれたブランド。
ライフスタイルデザインまでをも発信するサロンの雑貨・インテリアラインのブランドとなる。

~プロデューサー紹介~
[画像4: リンク ]

◆中田 絵里奈◆
10代の頃から数々の雑誌やイベントなどへ出演。 独自の世界観やライフスタイルは数多くの女性の支持を受け、blogやInstagramも大人気。
最近は企業とのコラボアイテムの制作や自身のプロデュースブランドも展開中。

~ポータルサイト紹介~
「sylph’s vision」
sylphではリアルクローズを優秀な「生産者」と共に製造し、「インフルエンサー事業部」主導による各ブランドへのモデル配備により、時代のテーマに沿った製品企画を可能にします。出口としての販売(ECサイト)は、独自のsylphポータルサイトによる「ソーシャルと連動した販路のIT化」を目指します。

以上3つの視点における弊社の強みを活かし、sylphは更なる成長を目指します。

株式会社 Sylphid
Address: 表参道駅から徒歩5分
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-21-7
エスパス表参道302

Mail: info@sylphid-corp.com
Tell: 03-3403-0850

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事