logo

世界主要空港のマネジャーが中国・海口で顧客サービスのベストプラクティスを共有

Haikou Meilan International Airport 2017年04月27日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

世界主要空港のマネジャーが中国・海口で顧客サービスのベストプラクティスを共有

AsiaNet 68346 (0619)

【海口(中国)2017年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*2017年ASQ Forumが4月26日から28日まで中国・海口で開催中

2017年Airport Service Quality Forum(空港サービス品質フォーラム、ASQ Forum)が海南省の省都・海口で4月26日から28日まで開催中で、113の世界の空港と関連団体から236人のマネジャーと意思決定者が一堂に会している。このイベントはAirport Council International(空港国際評議会、ACI)が主催し、海口美蘭国際空港が運営している。海南省でASQ Forumが開催されるのは初めて。

Photo - リンク
キャプション:海口で開催中の2017年ASQ Forum

過去数年にわたり、美蘭空港は特色があり、十分な機能性を備え、発着の定時性も平均を上回る空港として自らを確立している。美蘭空港はそのデザインにおいて、海南島の伝統的な中国の特徴を保った熱帯の装飾という独特なブレンドによって他の空港とは一線を画してきた。そればかりでなく、簡単で、ターミナルへのアクセスで車の往来がなく、しゃれた小売店が並び、施設と備品のハイテクのレベルと現地の環境保全に空港当局が示す責任感によって国際空港の新しい基準を定めてきた。高い成長の可能性を持つ美蘭空港には国際空港コミュニティーからの関心が集まっている。その結果、ACIは今年のASQ Forumのオーガナイザーとして美蘭空港を選び、提携する決定をした。

美蘭国際空港が常にコミットしているのは旅客の期待を予測し、その期待に応えるためにサービスの質を絶えず向上させて優れた旅客体験を提供することである。美欄国際空港は国内線と国際線の両方の旅客に、既存のターミナルビルを大規模にアップグレードして、より快適で楽しい環境を提供している。そのインフラのアップグレードは新しいロゴの公表、全て新しい空港サイネージ、空港への誘導路の拡張、東通路の改築、新しい屋内駐車場の開業、ターミナルとVIPラウンジの完全なリノベーションを含む。美蘭国際空港の取り組みは旅客から好意的な評価を受け、待ち望んだ3つのASQ賞を受賞した。その中には顧客の満足度評価で第1位を受賞したBest Airport Worldwide by Size: 15-25 Million Passengers(世界のベストエアポート・規模別、1500万-2500万の旅客数)がある。

ソース:Haikou Meilan International Airport

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事