logo

ガーロックによるRubber Fab買収一周年を機に、米国事業の拡大とアジア太平洋地域ハブの新設を発表

JCN 2017年04月26日 10時40分
From JCN Newswire


Sparta, NJ, Apr 26, 2017 - ( JCN Newswire ) - Garlock Hygienic Technologiesの傘下企業で、製薬・食品・飲料セクタに欠かせない工程で使用する消耗品の大手プロバイダのRubber Fabは、米国ニュージャージー州スパータの生産施設を拡張したことを、発表しました。生産スペースとして新たに5,000平方フィート以上を追加し、敷地面積は20,000平方フィート以上になりました。

Rubber Fab本部長のGary Huetherは拡張が必要になった理由について、特に2016年4月のガーロックによる買収以来、売上が継続的に増加したためと説明しました。「弊社の製品の評判は高く、急速に需要が伸びていますが、生産および倉庫スペースの拡張によって、業界トップクラスの製品をさらに効率的なワークフローでお客様にご提供できるようになります。」

さらにアジアでの新しい事業活動として、Rubber Fabのアジア全域への拡大のサポートに特化したアジア太平洋地域ハブのGarlock Singaporeを開設し、すでに十分な在庫を揃えていることと、2017年を通じてホースアセンブリへの投資を予定していることを発表しました。

事業開発部長のStephen Dohertyは、次のように述べました。「アジアではすでに食品・製薬市場で多くの機会が発生しており、この先数年間の堅調な成長が見込まれます。」さらにDohertyは続けて、「今回の投資によってRubber Fabは、アジア太平洋地域の中心地にたいへん有利な拠点を獲得しましたので、高品質製品を継続的に提供できるだけでなく、その国に合わせたサービス、素早い対応、納期短縮などを行うことができます。」と述べました。

グローバル販売およびマーケティングVPのBrad Lodgeは、Rubber Fab買収以降の進捗について、次のようにコメントしました。「一年目の活動と投資によって、ガーロックとRubber Fabの間に予想していたとおりの素晴らしいシナジーがあることが明らかになりました。」Lodgeはさらに、「両社は買収と統合を経て、グローバルに発展し続けていますが、これは我々がこの業界に対して継続的に努力と献身を行い、将来の成長計画に向けて優れた基盤を創出したことを示しています。」

Rubber Fabについて

Rubber Fabは、金属検出およびX線検査用素材を使用した高純度の高品質サニタリーガスケットやホースアセンブリの大手イノベータです。www.RubberFab.com

ガーロックについて

ガーロックは、衛生関連業界向けに特殊シールやガスケットなどを提供する世界トップクラスの高機能流体製品企業です。www.Garlock.com

メディアお問い合わせ先
Jeff Dardis
PRスーパーバイザー
EPIC Creative
+1-262-338-3700 ext. 289
jdardis@epiccreative.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。