logo

「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017」参加者募集 ~全国と被災地の絆を深める“交流”~

公益財団法人東京都スポーツ文化事業団 2017年04月26日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

2017年4月26日

東京都オリンピック・パラリンピック準備局
(公財)東京都スポーツ文化事業団

青森から東京まで、スポーツの力で復興を支援し被災地をつなぐリレー
未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017 参加者募集
全国と被災地の絆を深める“交流”
~アンバサダーに朝原宣治さん、伊調馨さん、
国枝慎吾さん、高橋尚子さんが就任~
開催期間:7月24日(月)~8月7日(月) 全15日間
募集人数:約1,300名(ランニング 約1,200名・自転車 約100名)
募集期間:4月28日(金)~5月31日(水)

東京都及び(公財)東京京都スポーツ文化事業団では、今年で5回目となる「未来(あした)への道1000km縦断リレー2017」を、「復興の地を、走ろう。復興とともに走ろう。未来に向かって走ろう。」をスローガンに、東京2020オリンピック開会式3年前に当たる平成29年7月24日(月)から、8月7日(月)までの15日間、開催します。

「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017」は、青森から東京まで、東日本大震災の被災地域(全長約1,250km・約150区間)をリレー形式でランニングと自転車でつなぎ、復興へ向けた取組などを発信することで、東日本大震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目指します。
震災から7年目となる今年は、全国と被災地の絆を深める「交流」をテーマに掲げ、参加者と被災地の方々が双方に繋がり合う取組を実施します。

■2017年の取組 
(1)郷土芸能など地域の魅力を体感できるウェルカム交流イベントを実施
(2)交通規制区間を福島県に増設
(3)熊本地震、被災地の大学生を招待し復興を応援

今年の「1000km縦断リレー・アンバサダー」に就任された朝原宣治さん、伊調馨さん、国枝慎吾さん、高橋尚子さんには、リレーへの参加や広報PR活動にご協力いただきます。また、今年も多くのトップアスリートや著名人の方々をゲストランナーとしてお迎えし、各地でのリレーに参加いただきます。
4月28日(金)~5月31日(水)の期間、公式ホームページ(リンク)で参加者を募集します。公式ホームページでは、アンバサダー、ゲストランナー及びスタート・ゴール会場でのイベント情報などを順次公開していきます。

■「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「分野横断的な政策の展開 東京2020大会に向けた取組」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017
2017年の取組について

(1) ゴール後にウェルカム交流イベントを実施
参加者と被災地域の方々との交流を目的に、久慈市(岩手県)、南三陸町(宮城県)、郡山市(福島県)、いわき市(福島県)、旭市(千葉県)の計5か所のゴール地点でウェルカム交流イベントを実施。郷土芸能など地域の魅力を体感できる演出をはじめ、ゲストランナーやご当地キャラクターとの交流、ミニランニングなどを予定しています。 
※ウェルカム交流イベントの日時、場所については別添の募集要項を参照ください。また詳細は、随時公式HPで更新します。

(2)交通規制による「ふれあいランニング区間」を、福島県に増設
これまで実施してきた青森県、岩手県、宮城県での交通規制による「ふれあいランニング区間」を福島県にも増設します。年齢、障害の有無に関わらずどなたでも参加できる100名規模のイベントで、ゲストランナーのトップアスリートや著名人などのゲストランナーと一緒にランニングを楽しむことができます。

(3)熊本地震、被災地の大学生を招待し復興を応援
熊本地震の被災地である熊本県の大学生を招待。参加者と一緒にランニングを行うとともに、東日本大震災からの復興に関わってきた東北地方の大学生等との交流を図るなど、熊本地震からの復興を応援します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017
アンバサダー コメント・プロフィール
※アンバサダーには、リレーへの参加や広報PR活動に協力いただきます。

■朝原 宣治(あさはら のぶはる)さん
「今年もアンバサダーとして、被災地復興のために少しでもお役に立てたらと思い参加させていただきます。被災地の皆さんと共に、様々な思いが詰まった「たすき」を繋ぎたいと思います。そして、スポーツのチカラを参加者が感じ、応援してくれる方にも届くようにみんなで一緒に楽しみましょう!」

〈プロフィール〉
1972年生まれ。兵庫県出身。陸上競技指導者・スポーツ解説者。アトランタ、シドニー、アテネ、北京4大会連続オリンピック出場。2008年北京オリンピック4×100mリレーで銅メダル獲得。大阪ガス陸上競技部副部長、陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」主宰、一般社団法人アスリートネットワーク副理事長。「スポーツを通じた健康力の高いまちづくり」を各自治体と共同で推進中。

■伊調 馨(いちょう かおり)さん
「私の地元である青森から東京までをたすきでつなぐ1000km縦断リレーに、今回アンバサダーとして参加できて非常にうれしく思います。一人でも多くの方にこのリレーを知っていただき、被災地の現状や復興への想いを感じてもらいたいです。」

プロフィール
1984年生まれ。青森県出身。レスリング女子58kg級選手。兄と姉の影響で子どもの頃からレスリングを始め、愛知県の中京女子大学付属高校から中京女子大学(現・至学館大学)を経て、現在はALSOK所属。アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロオリンピックで女子個人種目としては史上初の4大会連続金メダルを獲得。世界選手権大会 優勝10回。2016年には国民栄誉賞を受賞。

■国枝 慎吾(くにえだ しんご)さん
「今年も1000km縦断リレーの季節がやってきました。アスリートと皆さんの思いとともに、「たすき」を繋ぎ1000kmを完走してください。スポーツはみんなを元気にします。気持ちを明るくします。その熱い気持ちも繋いで、日本中を元気に明るくしたいですね。」

〈プロフィール〉
1984年生まれ。東京都出身。プロ車いすテニスプレイヤー。アテネ、北京、ロンドンパラリンピック 車いすテニス金メダリスト。2004年アテネパラリンピックで斎田悟司選手とペアを組みダブルス金メダル獲得。2006年10月、初の世界ランキング1位に。2007年 初の年間グランドスラム達成。2008年北京パラリンピックにてシングルス金メダル、ダブルス銅メダル獲得。2012年ロンドンパラリンピックにてシングルス金メダル獲得。2016年リオデジャネイロパラリンピックにてダブルス銅メダル獲得。

■高橋 尚子(たかはし なおこ)さん
「震災から六年が過ぎてもまだ、復興への道は終わりを告げません。あの時みんなで立ち上がったその思いや絆を、忘れることのないように、今年もまた1000km縦断リレーのたすきに込めて、ひとりひとりに繋いでいきたいと思います。」

〈プロフィール〉
1972 年生まれ。岐阜県出身。中学から本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。1998年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニーオリンピックで金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女子初の2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。2008年10月現役引退を発表。公益財団法人日本陸上競技連盟 理事、公益財団法人日本オリンピック委員会 理事、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会アスリート委員会委員長。


【参加者募集に関する問い合わせ先】
『未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017運営事務局』
電話:03-3539-5539 (平日10:00~17:00)  FAX: 03-3539-5540  E-mail: info@1000km.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事