logo

印刷技術から発展させた製品・サービスを提供している「対象6業界」を初公開

NISSHA 2017年04月26日 12時50分
From PR TIMES

新規コンテンツ「対象業界」をコーポレートWebサイト上で発表

NISSHAの対象業界:ITディバイス、自動車、医療機器・ヘルスケア、家電・日用品・住宅設備、パッケージ資材、コミュニケーションデザイン



日本写真印刷株式会社(本社:京都市 代表取締役社長:鈴木順也 以下、NISSHA)は、当社のコーポレートWebサイトにおいて新規コンテンツ「対象業界」を初公開しました。NISSHAが対象とする6つの業界それぞれに提供する製品・サービスを紹介していますので、ぜひ事業理解にお役立てください。
【コーポレートWebサイト:対象業界TOP】リンク


[画像1: リンク ]

NISSHAは創業者、鈴木直樹の「他社の手がけないことをやる」という揺るぎない決意のもと、1929年に京都で高級美術印刷を志す会社として創業しました。以来、私たちは印刷技術を進化させながら、タッチセンサーや成形同時加飾技術 IMD,IMLといった主力製品を生み出してきました。現在は世界中の多様な分野でNISSHAの技術や製品は使われており、海外売上高構成比率、海外の社員構成比ともに国内を上回っています。

■社員数(連結):5,133人 *2017年3月末時点
■Nisshaグループ会社数:57社 *海外拠点42カ所
【すぐわかるNISSHA】リンク

ブランドステートメント "Empowering Your Vision"
NISSHAは、ブランドステートメントに"Empowering Your Vision"を掲げ、事業活動を通して社会との共生を目指しています。"Empowering Your Vision"は、私たちとお客さま、株主、社員、サプライヤー、地域社会などのステークホルダーが、それぞれに抱いているビジョンの実現に向けて、双方向に影響しあう共生の関係をあらわしています。私たちは、技術と情熱、リーダーシップを原動力に、能力を最大限に発揮し、同時にまたステークホルダーから活力を得て、ともに価値ある未来を創出していきたいと考えています。
[画像2: リンク ]

“Empowering Your Vision”のブランドシンボルは、花や貝のらせん模様など、自然界に多く見られるフィボナッチ数列の普遍的な造形をモチーフに、私たちの能力の広がり、実現するビジョンの広がり、創出する新たな価値の広がりを視覚化したものです。このチャートは、私たちとステークホルダーが、相互に引きつけあいながら可能性を拡大していく共生のあり方を表現しています。

新コンテンツ リンク一覧
>対象業界 TOPページ…リンク
>ITディバイス…リンク
>自動車…リンク
>医療機器・ヘルスケア…リンク
>家電・日用品・住宅設備…リンク
>パッケージ資材…リンク
>コミュニケーションデザイン…リンク

製品情報関連ページ
>タッチセンサー…リンク
>成形同時加飾技術 IMD、IML…リンク
>製品・サービス…リンク
>産業資材事業…リンク
>ディバイス事業…リンク
>ライフイノベーション事業…リンク
>情報コミュニケーション事業…リンク
[画像3: リンク ]

■お問い合わせは下記サイトからお願いします。
リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。