logo

中小機構とイーベイ・ジャパン、相互協力の覚書を締結

中小機構 2017年04月26日 12時58分
From PR TIMES

~中小企業の優れた商品をeBayから世界に販売~



 独立行政法人中小企業基盤整備機構(所在地:東京都港区、理事長:高田坦史、以下「中小機構」)は、世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への日本企業の出店を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦、以下「イーベイ・ジャパン」)と、eBayを通じて全国の中小企業の海外展開を支援していくことで相互に協力する旨の覚書を、本日締結しました。

 中小機構は、イーベイ・ジャパンが2016年8月より取組んでいる京都の伝統工芸品の製造・小売業者を支援する「小売・製造業者 海外展開支援プロジェクト」において、中小機構が実施する越境ECの啓発事業などの面で協力を行ってきました。

 この度の相互協力の合意に基づき、支援する対象を全国規模に広げるとともに、「eBay.com」サイト内に中小機構の特設サイトを設置し、中小企業の商品を掲載、販売を推進していきます。具体的には、中小機構が実施している地域資源を活かした商品の販路開拓支援プロジェクト「Rin crossing」(*)のプラットフォームを活用し、「eBay.com」サイト内に「Rin crossing」特設サイトを設置する予定です。


(*)「Rin crossing」について
マッチングサイトや商談会・展示会を通じて、全国各地で地域資源を活かしたモノづくりに取組むメーカーと新たな市場を創り出す商品を求めるバイヤーとをつなぐ、販路開拓支援プロジェクトです。(リンク


【参考】

<中小機構について>
中小企業基盤整備機構は、日本の中小企業政策の総合的な実施機関として中核的な役割を担う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所に展開する地域本部を通じ、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化をはじめとする中小企業の様々なニーズに対し、経営アドバイス、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援メニューを揃えています。


<eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて>
 eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億6,700万人ものバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営する、世界をリードするコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2016年の取引高は840億ドル(約10兆円)となり、常時11億商品が世界中から出品されています。日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦)は、海外での販路開拓や売上拡大をめざす日本国内の法人企業をサポートしています。(リンク


<「eBay.com」内の「Rin crossing」特設サイト設置・運営イメージ図>

[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。