logo

時代が求めている「金融人材」をTACが育成します!

TAC株式会社 2017年04月26日 10時03分 [ TAC株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

 TAC株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 斎藤博明)では、時代の要請に応えられる「金融人材」の育成を目的として、新しい金融検定試験を創設し、その検定試験の対策講座を5月から開講致します。



[画像1: リンク ]

【検定試験の詳細】
 リンク
【対策講座の詳細】
 リンク


対策講座開講の背景とねらい
 金融機関は、財務データや担保・保証に必要以上に依存することなく、目利き能力の発揮による企業の将来性・成長性を重視した融資や、コンサルティング機能の発揮による取引先の経営改善の支援していくことを、金融庁から求められています。
 このような時代の要請に応えられる「金融人材」を一人でも多く輩出するために、新しい金融検定試験及びその対策講座を立ち上げることに致しました。
 この対策講座では、金融機関職員が事業性評価や経営改善の支援を行う際に必要となる企業経営の専門的知識の習得と、さらにその知識をベースにして、取引先の経営者との対話力や質問力を向上させることをねらいとしています。


対策講座の内容
次の3つの科目から構成されています。

知識科目(企業財務、企業法務、企業経営・企業支援、生産管理の4分野)
実践科目(事業性評価)
対話力向上講習(対話力・質問力を向上するための一日集合研修)


 知識科目の学習により「企業経営に関する様々な専門的知識」が、実践科目の学習により「事業性評価に関する知識」が、さらに、対話力向上講習により「経営者との対話力・コミュニケーション能力」が身につきます。


対策講座の特徴

[画像2: リンク ]



インターネットでいつでもどこでも講義を視聴可能です。スマートフォン・タブレットからも視聴できるので、通勤時間や休憩時間のスキマ時間も有効活用できます。
1回の講義時間が20分前後と短く、継続して学習しやすくなっています。
テキストは図や表を多く取り入れ、分かりやすく解説しています。
【設例】、【章末問題】、【巻末問題】と問題数が多く、テキスト1冊でインプットからアウトプットまで可能です。
対話力向上講習は、1日教室講座(東京、大阪、名古屋で開催予定)となります。1教室20名程度までの少人数で行いますので、きめ細やかな指導が受けられます。



対策講座開講及び実施時期


知識科目:5月より販売開始、Web通信講座配信開始
実践科目:5月より販売開始、7月上旬よりWeb通信講座配信開始(予定)
対話力向上講習:2018年1月上旬より申込開始、1月下旬~2月下旬に教室講座で実施



こんな方におすすめ
・金融機関の営業担当で、取引先で経営者との対話が必要な方
・経営者と円滑な対話を図るために必要な、企業経営の専門的知識を身につけたい方
・事業性評価に関する知識を身につけたい方
・経営者とうまく対話するための対話力・コミュニケーション能力を磨きたい方
[画像3: リンク ]


検定試験について
検定試験名:金融人材・企業経営アドバイザー検定(仮称)
実施団体:一般社団法人 日本金融人材育成協会(仮称、2017年秋頃設立予定)
試験実施日:2017年12月3日(日)
(※)2018年以降,年2回(夏・冬)実施予定。
試験会場:東京、大阪、名古屋(予定)


《会社概要》
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 斎藤博明
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区三崎町3-2-18
電話番号:03-5276-8911(代表)
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事