logo

MA/CRMプラットフォーム「CoReforthOne」「LTV-Lab Plus」「わくわく店舗」が経済産業省「IT導入支援事業」における対象ITツールに認定 ~補助金を使って導入いただけます~

株式会社コアフォース 2017年04月25日 19時26分
From PR TIMES

MAプラットフォーム「CoReforthOne」、CRMプラットフォーム「LTV-Lab Plus」「わくわく店舗」を提供する株式会社コアフォース(本社:東京都港区 代表取締役社長:野口健介、以下コアフォース)は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT 導入支援事業(通称:IT導入補助金)」の対象サービスとなったことを発表いたします。この制度を活用して「CoReforthOne」「LTV-Lab Plus」「わくわく店舗」を導入した事業者は最大100万円の補助が受けられます。



IT導入補助金について
経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」による補助金制度で、中小企業・小規模事業者のITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入時に経費の一部を補助(上限100万円・下限20万円、補助率2/3)する支援事業です。
URL:リンク

IT導入補助金申込みのご案内
交付申請期間 平成29年3月中旬~平成29年6月30日(金)予定
公募要領 リンク

IT補助金プランご利用例(イメージ)

[画像: リンク ]


LTV-Lab Plusについて
「LTV-Lab Plus」は通販事業の顧客維持・育成のために開発されたクラウド型の通販に特化したCRMシステムです。前身の「LTV-Lab」で構成している初回購入者の育成、休眠顧客掘り起こしメールなど、メールや分析を通じた顧客へのターゲットマーケティングが高機能・低価格で実現できるシステムに、さらに《LTV分析》、《継続・離脱分析》、《新規顧客継続推移分析》、《購買パターン分析》等が追加され、より高度な分析とともに施策企画に反映させやすい機能が充実しています。「LTV-Labシリーズ」は既に500社以上の導入実績がありご好評を頂いております。

「LTV-Lab Plus」詳細ページはこちらから
リンク

CoReforthOneについて
「CoReforthOne」はBtoC通販に特化したマーケティングオートメーションツールです。顧客獲得後のCRMだけでなく、ユーザーがWebサイトを訪問した段階からサポートし、また、施策ツールと分析ツールを一元化することで、EC事業者側の手間を大幅に削減しています。BtoC通販において利用率の高い施策系ツール(Web接客、LPO、レコメンド、サイト内検索、かご落ちメール)と分析系ツール(アクセス解析、顧客/売上分析、広告効果測定)をひとつのプラットフォームに集約することで他ツールとの連携・接続を必要とせず、ワンストップでマーケティングデータの統合・分析・活用を実現しました。

「CoReforthOne」詳細ページはこちらから
リンク

わくわく店舗シリーズについて
「わくわく店舗」は、整体院 / 治療院 / 整骨院 / 鍼灸院の医院顧客管理に特化したクラウド型 CRMシステムです。かんたん操作で患者データや売上データの管理、スタッフ稼働管理、お客様への自動メール配信までを可能です。

「わくわく店舗シリーズ」詳細ページはこちらから
リンク

コアフォース 会社概要
社名  :株式会社コアフォース
所在地 :〒105‐0011 東京都港区芝公園1-8-12 NBF芝公園大門通りビル4F
資本金 :1億6405万円
代表者 :代表取締役社長 野口 健介
従業員数:16名(2017年3月1日現在)
設立 :2016年1月(旧dmi社と旧LTVイノベーション社が合併)
事業内容:リテンション(CRM)クラウドシステムの開発・運営、
     リテンション(CRM)マーケティング戦略構築・実行支援サービス(データ分析、施策企画・製作、検証等)
URL :コーポレートサイト リンク
     サービスサイト   リンク
               リンク
               リンク

本件に関するお問合せ先
株式会社コアフォース
担当 辻井かりん
本社 〒105‐0011 東京都港区芝公園1-8-12 NBF芝公園大門通りビル4F
TEL 03-6432-4915 / FAX:03-6435-6452
e-mail crm@wakuten.net

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。