logo

チームラボ、「佐賀牛restaurant SAGAYA 銀座」に、日本の四季を感じながら新しい食事体験ができる、1日8名限定のインタラクティブな空間を制作。予約受付開始。

チームラボ 2017年04月25日 15時00分
From PR TIMES

チームラボは、九州を代表する黒毛和牛や旬の野菜を使った四季折々の料理を楽しめる「佐賀牛restaurant SAGAYA 銀座」(銀座)に、日本の四季を感じながら新しい食事体験ができる、1日8名限定のインタラクティブな空間「世界は解き放たれ、そして連なっていく - SAGAYA」を制作。1日8名限定で予約受付を開始しました。



[画像1: リンク ]

料理と皿をテーブルに置くと、その料理と皿に凝縮され閉じ込められた世界が解き放たれ、テーブル、そして空間全体に広がっていきます。
たとえば、皿から生まれた鳥は、周囲の皿から生まれた木を見つけると、枝に止まります。皿から生まれた木は、毎回同じ木が生まれているわけではなく、テーブルの上で創られている世界の影響を受けて、形や大きさが変化していきます。
12品のコース料理から構成されていて、月ごとに、季節にあわせた旬の料理と演出に変わります。
たとえば、4月は桜の風景を体験することが出来ます。
料理を食べる、お酒を飲む、だけではなく、料理と皿の関係性をデジタルで拡張することにより、東京・銀座にいながら、日本の四季を感じられる没入型の空間で、その場限りの食事体験を楽しむことができます。


予約はこちら: リンク
詳細: リンク


■主な掲載記事
designboom
”teamlab creates interactive restaurant interior that changes with the seasons”
(チームラボは、四季とともに内装が移り変わるインタラクティブなレストラン空間を制作)
リンク

Japan FM
“L’art digital du TEAMLAB à la rencontre de la gastronomie”
(美食家の会合でチームラボのデジタルアート)
リンク


Spoon & Tamago
”An Immersive, Multi-sensory Dining Experience at a Ginza Steak Restaurant”
(銀座にあるステーキレストランで、没入感あふれる多感覚の食事体験)
リンク

Faith is Torment
”A Digital Installation Inside a Restaurant to Enhance the Dining Experience by teamLab”
(チームラボによる、食事体験を拡張するレストラン内のデジタルインスタレーション)
リンク


■作品
世界は解き放たれ、そして連なっていく­ - SAGAYA /
Worlds Unleashed and then Connecting - SAGAYA
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
作品: リンク
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[動画: リンク ]

料理と皿をテーブルに置くと、その料理と皿に凝縮され閉じ込められた世界が解き放たれ、テーブル、そして空間全体に広がっていく。ほかの料理と皿から解き放たれた世界と連なり、空間全体が新たな世界を構築していく。
たとえば、皿から生まれた鳥は、周囲の皿から生まれた木を見つけると枝にとまる。たとえば、皿から生まれる木は、毎回同じ木が生まれているわけではなく、今テーブルに創られている世界の影響を受けて、形や大きさが変化する。テーブルとその周辺に創られた世界は、人々のふるまいにも影響を受け、人々がじっとしていれば、小鳥は手に止まり、さわがしくすると、飛び立ってしまうかもしれない。 テーブルに置かれたさまざまな皿から解き放たれた世界は、互いに影響し合い、そして人々のふるまいにも影響を受け、ひとつの世界を創っていく。その瞬間は、二度と見ることができず、永遠に変容し続ける。


人々は皿を自由に、テーブルの好きな場所に置くことができる。


■「佐賀牛restaurant SAGAYA銀座」代表 池田太右氏 コメント


「月花」
月花の意味は、「賞翫(しょうがん)したり寵愛(ちょうあい)したりするもののたとえ」です。
特別ROOM「月花」は「美しい季節の花々・伝統工芸の器を楽しみながら、佐賀牛・旬の食を味わう」をコンセプトに創られました。


私が生まれた街は、2016年で400年を迎えた有田焼の発祥地・有田市の隣の温泉地・武雄市です。春には満開の桜、夏には海や新緑の木々、秋には真っ赤に染まる紅葉など、春夏秋冬を日常で感じられる自然豊かな土地で、器に触れる機会も多く、自然や器のことが好きになりました。


デジタルアート集団として世界で活躍するチームラボとの出会いは、有田焼生誕400年祭の展示「未来の有田焼があるカフェ」と、パリのメゾン・エ・オブジェの「World Unleashed and then Connecting」でした。その後、ロンドンのサーチギャラリーで行った個展「teamLab: Flutter of Butterflies Beyond Borders」で発表した「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる」「境界のない群蝶」「増殖する生命 II」の空間に足を踏み入れた瞬間、特別な世界観に吸い込まれ衝撃を受けました。その際、銀座に出店予定の店舗の空間演出をチームラボにお願いしたいと思いました。そして念願が叶い、今回、有田焼の季節の花々の絵付けが空間に広がる「世界は解き放たれ、そして連なっていく - SAGAYA」を、作ってもらうことが出来ました。


日本を代表する黒毛和牛「佐賀牛」、「旬の食材の料理」を食しながら、「チームラボ」が手がけた空間の中で新しい食事を体験できる、「佐賀牛restaurant SAGAYA 銀座」の特別な個室「月花」を、是非お楽しみください。


■料理長 只野晴久氏 コメント

山、大地、川、海の恵みを四季折々食す。これが日本の食材の良さだと思っています。
「旬の素材はその時にしかない」、簡単なように聞こえるフレーズですが、じつは意外と奥が深く、意味があると思います。


例えば、4月のコース料理の中に「蝶と野畑」という野菜の一皿があります。これは佐賀県の生産者をはじめいろんな農家と出会い、食し、感じた、野菜を一皿にした料理です。その優しい野菜の味を佐賀牛の粉末や乾燥ケッパーなどアクセントに使い、SAGAYAでしか味わえないスペシャリテに仕上げました。
魚料理は、春の魚に山菜の苦味、乾燥させたミカン柑橘を使った一皿。
肉料理は、甘味が特徴の佐賀牛サーロインのローストビーフに唐津産のポテトのエスプーマ、4月にしか手に入らない花山椒を組み合わせた一皿です。
もちろん海外の食材も使用します。特に自分にとってオリーブオイルはソースという認識で、佐賀牛や野菜、魚にあうように、産地や場所で使い分けています。


季節にしかない食材を、どの様に調理してどう合わせていくのかは、常に奮闘中です。
今までにない「五感、五味」を目指します。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

■月花の器のご紹介
季節により器も変わりますので、一部の作家をご紹介します。


李荘窯4代目当主 寺内信二
古伊万里の技術をベースにしながらも、デジタル技術をいち早く取り入れ、「トラデッショナルからモダン」、「アナログとデジタル」すべてを操つる作家。今回の月花で使用される器の8割は寺内氏の器です。


【概要】
佐賀牛restaurant Sagaya 銀座「世界は解き放たれ、そして連なっていく­ - SAGAYA」
リンク
住所: 東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE 銀座 6F
TEL: 03-6263-0782
定休日: 不定休
料金:
・12品 ¥30,000
※食事代と空間使用料が含まれます。ドリンク代別途
・ペアリングドリンク10glass ¥15,000
料理に合わせたワイン、日本酒など当店ソムリエがご提案します。
※上記の全ての価格に別途、消費税とサービス料10%を加算させて頂きます。
開始時間: 19:00 一斉スタート
※18:50より入室可能18:55までにはご入店ください。
※19:15を過ぎますとキャンセル扱いとさせていただきます。
ご予約とご利用について:
・2名様よりご予約できます。
・すべてのお客様が同じテーブルでのご利用となります。
・18才以下の方は貸切の時のみお受けいたします。
貸切について:
・6名様より貸切可。
・5名様以下で貸切をご希望の方はご相談ください。(別途、貸切料金有り)
その他詳細は、予約ページを参照ください。
リンク

通常営業に関しては以下URLをご確認ください。
リンク

■チームラボとは
プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」などアート展を国内外で開催。他、「ミラノ万博2015」の日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」、5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾、ロンドンでの個展、シンガポール、韓国で巨大な常設展など。横浜にて「人と木々とクリスタル花火」開催中。福井県永平寺町にて「鳥道, 永平寺」常設。今後、北京、深センなどで開催予定。

チームラボ作品紹介: リンク
チームラボInstagram: リンク
チームラボFacebook: リンク
チームラボtwitter: リンク
チームラボYouTube: リンク

■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事