logo

アクセル、AXIPとしてソフトウェアIP、ミドルウェア製品の提供を新たに開始

アクセル 2017年04月25日 15時30分
From PR TIMES

グラフィックス&サウンドLSIを展開する株式会社アクセル(本社:東京都千代田区、代表者:松浦一教 以下「アクセル」)は、これまで提供してきたソフトウェアIP、ミドルウェア製品を「AXIP」と総称し新たに提供していきます。



アクセルは、グラフィックス&サウンドLSI、圧縮伸長技術の研究開発を強みとするファブレス半導体メーカーですが、近年では要素技術として培ってきた技術を生かし、「H2MD」等のソフトウェアIP、ミドルウェア製品の販売を行っています。この度、ゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA」の提供を開始することに合わせて、アクセルが提供するソフトウェアIP、ミドルウェア製品を新たに「AXIP」と総称し、販売を開始することとしました。今後「AXIP」をアクセルの成長戦略の1つとして位置づけ、積極的な営業活動を推進していきます。

【AXIPの概要】
「AXIP」は、「H2MD」「C-FA」など、アクセルが提供するソフトウェアIP、ミドルウェア製品の総称です。「H2MD」と「C-FA」で共通に使用できるプレイヤーアプリの提供など、製品群としての魅力を高めています。現在のラインナップは2製品となっていますが、今後もラインナップを拡充していく予定です。

ロゴマーク及び製品WEBサイト リンク
[画像1: リンク ]

AXIP製品の現ラインナップ
アルファ対応ムービーミドルウェア「H2MD / H2MD for Unity」
リンク
[画像2: リンク ]

「H2MD」はPC/スマートフォンのブラウザで再生可能なムービーミドルウェアです。JPEGやPNGファイルを利用してCanvasへ合成して動画を再生します。Motion JPEG等の静止画連番に比べ、ファイルサイズの大幅な削減を実現しました。また、重ね合わせの動画再生や透過レイヤであるアルファチャンネルも利用可能で、多彩な映像表現を可能にします。WEB広告や組み込み機器のUI開発、さらにはUnity対応でゲームアプリ開発にも適した製品です。

ゲーム向けサウンドミドルウェア「C-FA」
リンク
[画像3: リンク ]

「C-FA」は低負荷、低遅延再生を特徴としたゲーム向けサウンドミドルウェアです。ゲームアプリ等で使用される汎用的な音声コーデックに比較して同等の音質を半分程度のCPU負荷で実現しています。また、シーク、ループ再生時におけるギャップレス再生を実現するとともに、圧縮されたストリーム状態からの低遅延再生が可能です。


【株式会社アクセルの概要】
アクセルは、グラフィックス&サウンドLSI、圧縮伸長技術の研究開発を強みとするファブレス半導体メーカーであり、豊富な設計実績とすぐれた設計力を持つ技術スタッフによる高い製品開発力を生かして独創的で高機能なLSI製品を設計、販売しています。特に独自開発した画像圧縮技術を付加価値としてパチンコ・パチスロ機市場に向けたグラフィックスLSI製品では圧倒的なシェアを誇っています。また、同市場で培った技術・ノウハウを生かして、パチンコ・パチスロ機以外の市場に向けた製品開発にも注力しています。

■本リリースに関するお問い合わせ先(報道関係者)
株式会社アクセル(リンク
IR・広報チーム 電話 03-5298-1670 E-mail kouhou@axell.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Unityは、Unity Technologiesが日本及びその他の国において保有する商標または登録商標です。
その他記載されている会社名、製品等は、一般に弊社及び各社の登録商標または商標です。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。