logo

F5ネットワークス、リクルートテクノロジーズが提供するプライベートクラウドの俊敏性向上を支援

F5 BIG-IP VEを活用しネットワーク機能の設定・組み込みをセルフサービス化、ハードウェアのBIG-IPも併用しSSL処理をオフロード

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘 正清、以下 F5)は、株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下 リクルートテクノロジーズ)が、リクルートグループ各社にセルフサービス型のプライベートクラウド「RAFTEL Fleet」を提供するため、「F5 BIG-IP仮想アプライアンス(以下 BIG-IP VE)」を導入したことを発表しました。これにより、新規サーバーのデプロイから通信要件の追加、新規のBIG-IPバーチャルサーバーの追加とサーバーのプールへの組み込みまでを、わずか数分で実行できる環境を実現します。



こちらの事例の詳細は、下記URLをご参照ください。
リンク

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘 正清、以下 F5)は、株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下 リクルートテクノロジーズ)が、リクルートグループ各社にセルフサービス型のプライベートクラウド「RAFTEL Fleet」を提供するため、「F5 BIG-IP仮想アプライアンス(以下 BIG-IP VE)」を導入したことを発表しました。これにより、新規サーバーのデプロイから通信要件の追加、新規のBIG-IPバーチャルサーバーの追加とサーバーのプールへの組み込みまでを、わずか数分で実行できる環境を実現します。

リクルートテクノロジーズは、人生・生活のさまざまなシーンで「まだ、ここにない、出会い。」を提供し続けているリクルートグループ各社に対して、競合優位性の高いIT・ネットマーケティング基盤を開拓・提供する役割を担っています。リクルートテクノロジーズは、ビジネススピードの向上に貢献するため、サーバーを仮想化/プール化したプライベートクラウド「RAFTEL Standard」の提供を2009年に開始し、その第一世代からF5 VIPRIONやF5 BIG-IPを導入することで、想定外のトラフィックにも対応できる高い柔軟性と堅牢性を両立していました。

2011年には、新規サービスの立ち上げをさらに迅速化するため、グループ向けパブリッククラウド「Rクラウド」の提供を開始し、新規サービスには数時間でインフラを立ち上げられる「Rクラウド」、大規模サービスには高いパフォーマンスと堅牢性を持つ「RAFTEL Standard」を活用するという使い分けを行っていました。

しかし、「RAFTEL Standard」は、「Rクラウド」にはない高いセキュリティと、リクルートテクノロジーズのインフラ部門による手厚いサポートが提供されており、「Rクラウド」提供開始後もグループ内で根強いニーズがありました。ここで大きな課題になってきたのが、RAFTEL Standardに対するより高い俊敏性と柔軟性への対応です。そこでリクルートテクノロジーズは、新たなセルフサービス型のプライベートクラウドとして、サーバーだけでなくネットワークまでを仮想化した「RAFTEL Fleet」の構築に着手しました。

「RAFTEL Fleet」のネットワーク仮想化の手法としては、VMware NSXによるオーバレイ方式を採用し、既存のネットワークインフラであるVLANによるフラットなL2ネットワーク上で、仮想ネットワークを構築できるようにしました。また、「RAFTEL Standard」でVIPRIONとBIG-IPにより実現されていたロードバランサ機能は、BIG-IP VEによって仮想化、これに加えてハードウェアのBIG-IPも併用し、External Crypto OffloadによってSSL処理のオフロードを行うことで、高い処理速度と仮想マシンの負荷軽減を両立させています。さらにBIG-IQ License Managerも導入しており、BIG-IP VEライセンス管理の効率化も実現しました。

「RAFTEL Fleet」は、新規サーバーのデプロイや通信要件の追加、新規のBIG-IPバーチャルサーバーの追加とプールへの組み込みを、分単位で実行可能です。これによって、ビジネスの商機を逃さない高い俊敏性をプライベートクラウドでも実現しました。また「RAFTEL Fleet」は、「RAFTEL Standard」との高い親和性を確保しているため、アプリケーションを相互に移行することも容易です。

システム構成図
[画像: リンク ]

「RAFTEL Fleet」の構築は2016年10月から行われており、同年12月にはテストを開始、2017年4月からリクルートグループ各社への提供が始まっています。当面は主にアプリケーション開発環境として「RAFTEL Fleet」を提供する計画ですが、将来的には、「RAFTEL Standard」上で動いている大規模システムのサブシステム用環境として活用することも視野に入れています。

製品に関する詳細
BIG-IP仮想アプライアンスについて
リンク

BIG-IP ハードウェア製品について
リンク

BIG-IQについて
リンク

F5ネットワークスについて
F5は、世界最大規模の企業やサービスプロバイダ、政府機関、消費者ブランドが、アプリケーションをより速く、よりスマートに、そしてより安全に提供することを可能にします。F5はクラウドとセキュリティに関するさまざまなソリューションを提供しており、これらを活用することでスピードと管理性を犠牲にすることなく、セキュアかつハイブリッドクラウドに対応したアプリケーション基盤を実現できるようになります。
【F5に関する詳細、最新情報】
・F5ネットワークスジャパン ホームページ: リンク
・Twitter: @F5Japan
・Facebook: リンク

●製品に関するお問合せ(お客様向け)
F5ネットワークスジャパン合同会社
TEL:03-5114-3230  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。