logo

広州のビジネス主導のイニシアチブにより、中国及び日本の企業間の更なる革新及び協力を促進します

Guangdong Municipal Government 2017年04月28日 16時41分
From 共同通信PRワイヤー

広州のビジネス主導のイニシアチブにより、中国及び日本の企業間の更なる革新及び協力を促進します

AsiaNet 68286

2017年4月25日

広州市人民政府(中華人民共和国)

広州、2017年4月25日 - 中国の最も統合されたビジネスセンター及び外部世界への玄関口である広州は、広東省の南部の活気ある首都として、躍動感に裏打ちされた一連の革新的なビジネス及び経済的なイニシアチブを踏襲することにより、中国及び日本の企業間での協力及び改革の新たなレベルを可能にしています。2016年、広東省及び日本間の輸出入額は127億7千万米ドルに成長し、前年から合計で12.5パーセントの増加を表しています。それを受けて、日本から広州への輸入額は総額93億1千万米ドル、11.8パーセントに上り、一方広州から日本への輸出額は14.4パーセント、34億6千万米ドルに増加しました。

2016年末までに、日本企業は総額52億4千万米ドルに上る外資の現地投入により広州で投資をし、626社の企業を設立しています。同時に、広州の企業は日本での投資を継続して、総投資額、66億5千万米ドルを達成しています。

「全ての中心である広州を通して私たちの2つの偉大な国家間で成長しつつある強固なシナジーが存在しています。」と、広州市副市長、祭朝林(カイ・チャオリン)は述べました。「多数のリードする日本企業が既に広州のビジネスフレンドリな環境を通して各社向けに存在する利益と豊富な機会を既に認識しており、またそれこそが、私たちがこれらの企業と共に私たちの2国間の経済を前進させるべく緊密に協力できることはこの上なく光栄なことであります。」 私たちは、私たちの日本側企業との、これまで以上に明るい見通し、より良い相互関係・協力を指向できる未来を希望しております。」

東京都の副知事は、今週開催された中国及び日本の企業間の改革的協力についての民間フォーラムに出席し、主題演説を行います。このイベントは、高度な期待を寄せられる12月の2017年グローバル・フォーチューン・フォーラムへの先駆けの1つとして開催されます。グローバル・フォーチューン・フォーラムは世界の指導者たち及びグローバル・ビジネスの代表者たちを広州に召集し、国際交易のダイナミックな世界について対話し、Fortune Global 500のCEOたちと一堂に会する機会を創造し、また政府及び民間の部門からの中国の指導者たちと引き合わせます。

今週、日本で、この副知事は、Fortune Global Forum、JETRO、野村ホールディングス及び様々なJapanese Fortune 500企業からの代表者を含む、広州政府からの追加の代表者たち、日本の中国総領事、広汽集団の会長、曽 慶洪氏と合流します。彼らの現地主催のフォーラムは大手日本企業からの100人の役員たちを招待し、2つの地域間での協力と革新について理解、対話し、またビジネスに関して最善である前向きな指針を共同で発表します。

多数の世界の上位500社企業は、電子製品から自動車製品まで、 高付加価値化学製品、食品及び飲料、電子情報、金属製造、インテリジェント機器及びそれらを超える製品を包括する広範な投資ポートフォリオと共に広州に拠点を設立しています。既に、本田、トヨタ及び日産のような巨大自動車企業は市内に自動車生産工場を設立しており、その革新的な投資促進政策及び迅速なビジネス環境を活用しています。加えて、広州は、SONY、Olympus、Panasonic、日立及びその他の高度資産企業を含め、本田技術研究所、JFE、デンソー及びその他の関連ビジネス、三井住友銀行、みずほ銀行及びその他の現代的なサービス企業などを歓迎しています。

GAC(広州汽車集団)は2国間で成し遂げられた革新的協力の種類の典型的な実例です。中国勢は日本企業との合弁ビジネスの成功に尽力してきており、広汽本田汽車、広州豊田汽車及びGAC三菱を形成しており、これらの合弁事業を通して、中国勢は現地化過程を加速させ、より多くの中国発の製品及びサービスを開発し、その製品ラインを継続的に潤沢にし、相互に利益を生じさる、ウィンウィンな協力関係をもたらしています。

広州での外国資金援助企業は管理及び技術的従業員の面で高度な現地化水準を享受しており、多数の外国企業が本市の工業団地内に、現地市場に対する理解及び効率的な呼応を支援するための研究開発センターを設立しています。

更に、本市は投資及び交易の施設の水準を向上させ続けており、また利用し易い投資、運営及び開発の環境を涵養するために、起業家を目的とするか改革を立案し続けています。これには、行政監査及び許認可の合理化が含まれています。更に、広州は企業の負担の軽減、運営コストの低下及び行政費用の削減、政府基金の創設及び保険料率削減のための政策導入による企業への支援も継続しております。近年、本市の人材紹介計画も革新的な精神と意欲を備えたより国際的な人材の本地域への招聘を可能にしています。

総合的な交通ハブの一拠点として、更に広州は、その広大な港湾、急速に拡張中の空港、遠距離に延伸する鉄道及び強固な高速道路システムを経由してよりグローバルな開放性及び相互接続性を可能にしています。

「広州における驚くべきビジネス環境の他に、私たちの市は寛容な文化交歓の場としての機能しており、人と企業が調和することを可能にしております。」と、副市長の祭氏は付け加えました。「当地の長い夏と温暖な冬は更に皆様を快適にお迎えし、加えて当地の素晴らしい料理と飲み物が当地を生活と仕事に最も理想的な場所の1つとすることでしょう。そして、私たちの日本の友人の皆様からのより高度な人材とインスピレーションに与ることでのみ、これらがより現実味を帯びることとなるでしょう。」

詳しいお問い合わせはこちらまで: 陳毅斌,電話:+86 20 8550 630,Eメール: gzxwb@vip.163.com, 広州ニュースセンター 


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事