logo

リミニストリート、2017年第1四半期の暫定決算を発表

日本リミニストリート株式会社 2017年04月25日 10時00分
From PR TIMES

売上高は4,900万ドル 前年比42%増、繰延売上高は1億6,500万ドル 前年比44%増、総請求額は5,000万ドル 前年比34%増、契約クライアント総数は約1,900社 前年比40%増

本プレスリリースは2017年4月19日に米国ラスベガスで発表された内容の抄訳です。


SAP SE(NYSE:SAP)のBusiness Suite、BusinessObjects、HANA DatabaseやOracle Corporation(NYSE:ORCL)のSiebel、PeopleSoft、JD Edwards、E-Business Suite、Oracle Database、Oracle Middleware、Hyperion、Oracle Retail、Oracle Agile PLM、Oracle ATG Web Commerceなどエンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーのリミニストリートは、2017年3月31日を期末とする2017年第1四半期の暫定決算を発表しました。



過去最高の売上高と堅調な業績

リミニストリートの2017年第1四半期の業績は、45四半期連続の成長を達成するとともに、売上高は前年比42%増の4,900万ドルと過去最高を記録し、年換算の売上高が1億9,600万ドルを超えました。また、同四半期の総請求額は5,000万ドルで、前年比34%増となっています。

2017年第1四半期には、109社の新規クライアントとの契約が成立しました。これは、前年比47%の成長です。契約済みクライアント総数は現時点において1,875社で、前年比40%増となりました。

2017年第1四半期のその他の業績:
· 繰延売上高は、前年比44%増の1億6,500万ドル
· 請求額は、前年比16%増の5,000万ドル
· 従業員数は、2017年3月31日時点において全世界で前年比25%増となり、866名のプロフェッショナルサービス要員が在籍しています。

なお、上記の情報は暫定的なものであり、当期末の財務監査が完了するまでは確定されません。


2017年第1四半期の実績と注目点

· あらゆる財務的側面の責任を担うCFOの役職にThomas Sabolを新たに任命しました。Sabolは、上場ハイテク企業の財務部門のトップとして培った長年の経験を、リミニストリートで活かしていくことになります。

· イスラエルと東欧でOracleユーザーとSAPユーザーのクライアント契約件数が倍増。ダイナミックな動きを見せる同地域での堅調なビジネスの成長ぶりをアピールし、大幅な投資を発表しました。

· 44か国で約7,000件のサポートケースを解決し、これは1四半期における過去最高の解決数となりました。さらに、サポートに対する顧客満足度を評価するアンケート調査の結果では、再度、平均4.8点(5点満点)という高いスコアを獲得しました。さらに、緊急対応を要する優先度1(P1)のケースにおいて、平均で5分以内の応答を実現しています。

· 優れたカスタマーサービスが評価され、「Company of the Year」、「Most Customer-Friendly Company」、「Most Innovative Service」のほか、The Stevie(R) Awards(スティービーアワード)の「Customer Service Leader of the Year」、「Customer Service Department of the Year」の2つを獲得するなど、合計で5つの賞を受賞しました。

· 現時点までに全世界で、130,000を超える税制や法規制の改定に対応しました。

· オーストラリアのシドニー、ブラジルのサンパウロでのカンファレンスや、日本(東京)で開催されたガートナー社主催のEnterprise Architect Summitなど、CIOおよび調達部門のリーダーを対象とした世界16か所におよぶイベントに参加しました。

· リミニストリート財団を通じてボランティア活動と寄付を行い、世界各国で慈善活動に貢献しました。


リミニストリートのCEO、Seth Ravinは次のように述べています。
「当社は2017年第1四半期において多くの成果を達成し、45期連続の成長を成し遂げました。これは、高い評価を受けている当社のプレミアムレベルのサービスに対し、グローバルレベルでの需要が拡大していることを示すとともに、ビジネスプランの実現に向けた当社の真摯な取り組みが実を結んだ結果にほかなりません。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアの市場の中で最も革新的かつ機能の充実した、価値主導型のサポートサービスを提供しており、今後も引き続き市場をリードしてまいります」


リミニストリートについて
リミニストリートは、エンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーです。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、OracleやSAPのライセンシーは総サポート費用の最大90%を削減することが可能になります。そして、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来る環境が整います。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む約1,900社の顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを選択しています。
詳細はリンクをご覧ください。またTwitter(@riministreet)、Facebook、LinkedInでリミニストリートをフォローしてください。

将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが証明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

# # #

Rimini StreetおよびRimini Streetのロゴは、リミニストリートの商標です。その他すべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。Copyright (C) 2017.All rights reserved.


本プレスリリースの公式バージョンはオリジナル言語版(英語版)です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。