logo

企業向け翻訳支援ツール「ヤラクゼン」、OEMパートナープログラムをスタート - 翻訳会社と提携し、企業における翻訳・外国語対応業務の効率化を推進 -

八楽株式会社 2017年04月25日 10時01分
From Digital PR Platform


企業向けクラウド型翻訳支援ツール「ヤラクゼン」を開発する八楽株式会社は、翻訳会社とのパートナーシップを加速し、企業における翻訳業務や多言語コミュニケーションの効率化を推進すべく、新しく「ヤラクゼン」のOEMパートナープログラムを開始します。

【ヤラクゼンとは】
企業内ユーザーの翻訳・多言語対応業務をサポートするクラウド型の翻訳ソフトウェアです。
誰でも直感的に使えるシンプルなインターフェイスと、人工知能により使えば使うほどパーソナライズされる高品質の機械翻訳、エンタープライズレベルにも対応可能な強固なセキュリティにより、正式リリースから2年余りでコニカミノルタ株式会社、株式会社ユナイテッドアローズ、株式会社コメ兵など既に数百社の事業者様、数万人のユーザーにご利用頂いています。

【OEMパートナープログラム開始の背景】
昨今の機械翻訳の急激な進化により、企業においても機械翻訳を可能な限り活用して、翻訳業務の効率化・コスト削減・外国語でのコミュニケーション促進をしたいという動きが強まっています。
但し、既存の翻訳支援ツールは専業の翻訳者向けに作られているため難解で使い勝手も悪く、一方でオンライン上の無料の翻訳サイトはセキュリティの問題や翻訳結果が一般的で最適化されないという問題があり、企業におけるユーザーの利用には適していないという現状があります。

一方で翻訳会社においては、機械翻訳を活用したいという顧客からの要望が強まる中、そのニーズに応えつつも、人力での翻訳サービスが必要な場面ではしっかりと人力翻訳を提供できるような、ユーザーが使えるプラットフォームを持っていないというのが実情でした。
このような流れの中、これまで八楽のみで提供していた「ヤラクゼン」を、企業との強い信頼関係を持ち、当該顧客に最適な翻訳サービスをお届けできる翻訳会社様と一緒に提供すべく、OEMパートナープログラムをスタートすることになりました。


【サービス概要】
翻訳会社は八楽とパートナー契約を締結し、「ヤラクゼン」を自社ブランドで顧客に提供します。
顧客は「ヤラクゼン」から人力翻訳を依頼することができ、当該翻訳会社が人力翻訳サービスを提供します。このプログラムにより、翻訳会社および顧客の双方にとって以下のようなメリットが生じます。詳細については、以下の問い合わせ窓口までご連絡下さい。

(翻訳会社にとってのメリット)
・顧客との関係性の強化、他社との差別化
・顧客内ユーザー増加に伴う人力翻訳の受注機会の増加
・システム利用料による新たな収益源の獲得機会
・小規模・高頻度案件の受注・納品作業の自動化

(顧客にとってのメリット)
・翻訳会社から納品される翻訳結果を自社データとして蓄積し、社内ユーザーで再利用
・各部門でバラバラに発注していた翻訳依頼先の一元化によるコスト削減・品質の向上
・自社向けにカスタマイズされた翻訳支援ツールによる全社業務効率化
・少額案件における翻訳会社への見積もり取得・発注作業の簡易化

八楽は、今後も翻訳会社とのパートナーシップを推進・拡大し、幅広い企業の翻訳業務の効率化・多言語コミュニケーションの推進を支援していきます。

■「OEMパートナープログラム」導入および導入予定企業様
株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズ  リンク
株式会社テックコミュニケーションズ(株式会社SCREENホールディングスのグループ会社)  リンク
株式会社ヒューマンサイエンス  リンク
株式会社翻訳センター  リンク
(2017年4月25日現在、表記は五十音順)

■「OEMパートナープログラム」問い合わせ窓口
積極的にパートナーを募集します。お気軽にお問い合わせください。
お問合せフォーム:リンク
電話:03-6416-5315  
E-mail:sales@yaraku.com
担当:湊(みなと)

■会社概要
社名  : 八楽株式会社
事業内容  : 多言語コミュニケーションツールの開発・提供・運用
ホームページ: リンク
本社所在地 : 東京都渋谷区南平台町4-8-607
設立年月日 : 2009年8月
代表取締役 : 坂西 優(さかにし すぐる)
資本金   : 174,850,000円

【本リリースに関するお問合せはこちら】
八楽株式会社 担当:湊(みなと) 
TEL:03-6416-5315   E-mail:contact@yaraku.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。