logo

業務用4Kディスプレイ3製品の新たなファームウエアを無償提供 デジタルシネマカメラとの連携やHDR撮影アシスト機能を拡充

キヤノンは、業務用4Kディスプレイ3製品(DP-V1710/DP-V2410/DP-V2420)を対象に、各種機能を追加するファームウエア(※1)を2017年6月上旬より無償提供します。デジタルシネマカメラと4Kディスプレイの連携を強化し、HDR(High Dynamic Range)撮影時における映像確認の利便性を向上させることにより、映像制作現場でのワークフローを強力に支援します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■ キヤノン製デジタルシネマカメラとの連携強化
「EOS C700」(2016年12月発売)/「EOS C700 GS PL」(2017年7月下旬発売予定)で撮影した4KのRAW映像を、外部機器を介さずに3G-SDIケーブルで接続するだけで表示できます。また、両機種に加え「EOS C300 Mark II」(2015年9月発売)で撮影したすべての映像情報を取得し、カメラ側の画質設定値に連動した表示や、メタデータ(※2)の表示が可能になります。さらに、デジタルシネマカメラにアナモフィックレンズ(※3)を装着した特殊撮影時には、映画特有の2.39:1の画角での表示ができます。これらの機能を追加することで、ユーザーの撮影時における映像確認の利便性が向上します。

■ ARRI社製デジタルシネマカメラとの連携強化
ARRI 社製のデジタルシネマカメラと「DP-V1710/DP-V2410/DP-V2420」を接続するだけで、「LOG C」で撮影した映像をHDRで表示できます。従来必要としていたLUT(※4)を追加せずに映像を確認できるため、作業性が向上します。

■ HDR撮影アシスト機能を拡充
1画面の4K映像を左右半分に分けてHDRとSDR(Standard Dynamic Range)で表示することができます。さらに、4K映像を縮小し、映像全体を左右2画面に並べて表示することが可能になります。これにより、HDR映像とHDR撮影アシスト機能の並列表示や、HDR映像とSDR映像の並列表示を左右で比較しながら確認できます。また、HDR映像の実輝度の明るさに応じて着色して表示ができるようになるため、映像の輝度分布を視覚的に確認することが可能になります。

<ご参考>
2017年4月24日(月)から27日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展示会「NAB Show」のキヤノンブースにおいて、今回のファームウエアを適用したディスプレイのデモを実施する予定です。

※1 製品本体を制御するためのソフトウエア。
※2 作成日時や作成者、データ形式、タイトルなどの情報。
※3 画面の横方向を圧縮して撮影し、特有のボケ味を表現できるレンズ。
※4 Look Up Table:入力輝度に対する出力輝度を示した対応表。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事