logo

DVERSE Inc.、アメリカ建築家協会(AIA)が主催する世界最大規模のイベント「AIA Conference on Architecture 2017」にVRソフトウェアを出展

ディヴァース 2017年04月21日 11時44分
From PR TIMES

これを皮切りに欧米で「SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)」のプロモーションを本格化

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)は、アメリカ建築家協会(AIA)が開催する建築カンファレンス「AIA Conference on Architecture 2017:Architecture Expo(開催地:アメリカ・オーランド、開催日:2017年4月27日~29日)」に、VRソフトウェア「SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)」をブース出展します。日本からの出展は当社のみです(※日本企業の海外子会社等を除く・AIAサイト調べ)。



AIA Conference on Architectureについて
AIA Conference on Architectureとは、アメリカ建築家協会(AIA)が開催する、アメリカ国内の建築系企業が一堂に会するカンファレンスです。ワークショップやセミナーなどが開催され、2016年には20,868名の参加者が集まりました。本年はミシェル・オバマ前大統領婦人がキーノートスピーカーとして登場し、アメリカ国内での注目度も高まっています。
[画像1: リンク ]

リンク

Architecture Expoについて
AIA Conference on Architectureの会期中に開催される、建築の見本市です。アメリカの企業だけではなく、15の国と地域から約800の企業が参加します。ソフトウェア、建築システム、建材や工具等、最新のハイテク製品や素材が体験出来ます。
[画像2: リンク ]

リンク

AIA Conference on Architecture:Architecture Expoへの出展は、海外への本格的なプロモーションとしては初の取り組みとなります。すでにSTEAM(ソフトウェア配布の世界的なプラットフォーム)にて、世界87カ国でダウンロード(2017年4月現在)されているSYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)ですが、このプロモーションを皮切りに、海外でのプロモーションを本格化し、今後開発が予定されている次期バージョンリリースまでに、さらにダウンロード数の増加を目指してまいります。

【SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)について】
SYMMETRY alphaは、次世代端末として話題のHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)を使用するVRソフトウェアで、誰もが簡単に3DCADをVR化して、社内やクライアントとのイメージの共有、コミュニケーション、合意形成を円滑にします。
フォーマットは米国Trimble社「SketchUp(スケッチアップ)」に対応しています。

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。

[動画: リンク ]



SYMMETRYオフィシャルサイト:リンク

【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。
HMD/VRによる新たなクリエイティブ環境の開発で、世界に新しい価値を創出して行きます。

【会社概要】
会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)

〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス 4F(日本支社)
設立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事