logo

【箱根小涌園ユネッサン】夏も近づく…地元名産の“足柄茶”を使用した 森の湯「新茶の湯」

藤田観光株式会社 2017年04月20日 16時46分
From Digital PR Platform


『箱根小涌園ユネッサン』(所在地: 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297、支配人:慶野 光市)では、箱根の外輪山を望みながらお風呂が楽しめる裸入浴エリア「森の湯」の一部浴槽にて、趣向を凝らした「季節風呂」を開催しております。

5月の変わり湯は「新茶の湯」。今回、お風呂に使用するのは(株)神奈川県農協茶業センターご協力の下、神奈川県西、県北地域で多く栽培されている地元の銘茶「足柄茶」の採れたての新茶を使用いたします。栽培面積と生産量は神奈川県の市町村別では山北町が最も多く、次いで栽培面積で秦野市、松田町、南足柄市、相模原市、小田原市の順となり、いずれの産地も丹沢等の山間地に位置し、神奈川県に根付いたブランド茶となっております。 入浴剤を使用することなく、布袋に足柄茶葉を入れ浴槽へ浮かべる天然志向のお風呂です。緑茶風呂には殺菌、保温・保湿、消臭効果が期待でき、初夏の爽やかな陽気の中、汗を感じる季節にはピッタリのお風呂。この機会に、新茶の湯をご堪能いただいてみてはいかがでしょうか。


<御紙面に記す際のお問合せ先>
藤田観光株式会社 箱根小涌園ユネッサン
〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297  TEL:0460-82-4126

<リリースに関する報道関係者からのお問合せ>
藤田観光株式会社 箱根小涌園ユネッサン
営業課:山田・長嶋  TEL:0460-82-4118 / FAX:0460-82-4135

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。