logo

ゲーム機、ビデオカメラのライブ配信に対応した PC内蔵型キャプチャーボード2機種を発売

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社 2017年04月20日 10時10分
From PR TIMES

ゲーム大会、小型イベント、配信スタジオでの利用にも最適

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社(東京都千代田区)は、PC内蔵型キャプチャーボード2機種「Live Gamer HD 2(型番:C988)」と「Live Gamer HD Lite(型番:C985L)」を、国内の家電量販店や各店頭、オンラインショッピングサイトなどで4/20から予約で販売、4/26から発売を開始いたします。



「Live Gamer HD」シリーズはHDMIの入力端子を搭載しているため、フルHDの録画・ライブ配信に対応します。最新の家庭用ゲーム機に対応するほか、HDMI出力のビデオカメラを接続すれば、ビデオカメラの映像をリアルタイムでライブ配信することも可能です。「C988」は最高画質1080p/60fpsの録画・ライブ配信を実現し、「C985L」は1080p/30fpsまで対応可能です。

「C988」はPCI Express x1 Gen2接続なので、PCでのゲーム表示遅延が少なく、PCに映したゲーム画面を見ながらゲームを快適にプレイできます。HDMIの出力端子も搭載しているので、もう1台のモニターを増設すれば、遅延なしでゲームをプレイしながら、録画・ライブ配信することができます。また、ドライバーのインストールが不要なため、他のデバイスとの競合問題について心配する必要もなく、映像信号を簡単にPCに取り込むことができます。

本製品の最大の特徴として、1台のデスクトップPCに、複数枚のキャプチャーボード「C988」又は「C985L」を挿し込み、同時にキャプチャーすることができます。サードパーティー製の配信ソフト(OBS Studio、XSplitなど)を使って、複数の映像機器を同時にPCに入力し、複数の映像を切り替え、または一つの画面に重ねて、ライブ配信を行うことが可能なので、ゲーム大会、小型イベント、配信スタジオでのご利用にも最適です。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



    【C988 製品本体】   【C985L 製品本体】


<製品特長>
【両製品に共通している特長】
多彩なゲーム機の録画・配信に対応
ビデオカメラのライブ配信を使うのもおすすめ!
「Live Gamer HD」シリーズはHDMIの入力端子を搭載しているため、HDMI出力可能なゲーム機(PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Oneなど)をはじめとして、様々なデバイスに対応可能。HDMIケーブルでPC内蔵のキャプチャーボードとビデオカメラを接続すれば、ビデオカメラの映像をライブ配信することもできます。
[画像3: リンク ]


パソコンの画面でTVゲームを楽しめる
HDMIパススルー機能も搭載
「Live Gamer HD」シリーズはPCI Express接続なので、PCでのゲーム表示遅延が少なく、PCに映した
ゲーム画面を見ながらゲームを快適にプレイできます。HDMIパススルー機能も搭載されているので、
もう1台のモニターを増設すれば、遅延なしでゲームをプレイすることも可能です。
[画像4: リンク ]


PC一台で複数のキャプチャーボードを利用することが可能
デスクトップPC一台に、複数のキャプチャーボードを挿し込み、利用することができます。サードパーティー製の配信ソフト(OBS Studio、XSplitなど)を使えば、複数の映像機器を同時にPCに入力し、複数の映像を切り替え、または一つの画面に重ねて(PiP)、ライブ配信を行うことが可能です。
[画像5: リンク ]


【C988の特長】
ドライバーのインストール不要
スマホゲームの録画・配信が楽しめる
「C988」を使う時、ドライバーのインストールが不要なため、ほかのデバイスとの競合問題について心配する必要がありません。多数の録画・配信ソフトに対応できるので、簡単に映像信号をPCに取り込むことが可能です。また、付属の専用ソフト『RECentral 3』を使えば、iOSデバイス(iPhoneなど)のゲームアプリをキャプチャーすることができます。
[画像6: リンク ]


<製品情報>
メーカー:AVerMedia TECHNOLOGIESアバーメディア・テクノロジーズ株式会社
製品名:「Live Gamer HD 2」、「Live Gamer HD Lite」
型番:C988、C985L
発売時期: 2017年4月26日
価格:オープン価格
製品情報URL:
リンク
リンク

<AVerMedia TECHNOLOGIES社概要>
AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構え、ビデオキャプチャー、ストリーミング、オーディオ製品を中心に、現在、世界75ヶ国でグローバルに事業展開しております。技術、品質を重視する技術集団のもと自社にて設計、製造、品質管理を徹底し、自社"AVerMedia ブランド商品の市場導入のほかに、OEM/ODMパートナー様にも製品を供給し、高い評価をいただいております。
リンク

※本リリースに記載した製品・サービス名は各社の商標・登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事