logo

パタゴニア、「フェアトレード」キャンペーンを展開 ~ その業界を変える ~

今シーズン、パタゴニアのボード・ショーツとビキニ製品のすべてがフェアトレード・サーティファイド

アウトドア衣料メーカーのパタゴニア社 (本社: 米国カリフォルニア州ベンチュラ、日本支社: 神奈川県横浜市)は、「その業界を変える」と題したフェアトレードのキャンペーンを展開します。

フェアトレードについて“より良く知り、より良く行動”することを促進するため、パタゴニアでは、カタログやウェブサイト、SNSでのキャンペーンをはじめ、広告、イベントなども通じて、パタゴニアの取り組みをお伝えしていきます。




[画像: リンク ]



■ フェアトレード・キャンペーン
1. 公式ウェブサイト特設ページ、カタログ、ブログ、SNSによる情報発信
[公式ウェブサイト]: パタゴニア公式ウェブサイト(patagonia.jp)にて特設ページを公開。今シーズンより、フェアトレード認証製品になったボード・ショーツとビキニ製品のラインアップをはじめ、パタゴニアの製品がどのように作られ、その業界を変えているのかを動画も交えてご紹介しています。
 - フェアトレード・サーティファイド: www.patagonia.jp/fairtrade
 - パタゴニア サーフィン: www.patagonia.jp/surf

[カタログ]: 今月発行のカタログでは、サーフウェア&ギアとともに、パタゴニアの社員であるデイヴ・ラストヴィッチがスリランカのパタゴニア製品を製造するフェアトレード認証済みの工場を訪れた際のエッセイを掲載しています。カタログは、直営店で無料配布、および公式ウェブサイトからもご請求いただけます。
[ブログ、SNS各種]: パタゴニアのブログ「クリーネストライン」、Facebook、Instagram、Twitter他
#パタゴニア #フェアトレード #Patagonia #FairTrade

2. 屋外ポスターをはじめとした各種広告を実施

3. 『エシカルフェスタ2017』 トークショーに登壇
毎年5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」。フェアトレードのみならず、エシカルな生産や消費、ライフスタイルを考え、発信することを目的とする『エシカルフェスタ2017』(主催:一般社団法人エシカル協会)が今年も開催されます。トークショーでは、パタゴニア日本支社から、支社長の辻井隆行と、環境・社会部門ディレクターの佐藤潤一が登壇し、「パタゴニアが考える企業の責任」をテーマにお話させていただきます。
❖ エシカルフェスタ2017  リンク

4. 『GREENROOM FESTIVAL 17』 にてフェアトレード製品のブースを出展
パタゴニア日本支社は、5月20日(土)、21日(日)に横浜赤レンガ倉庫にて開催されるサーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、音楽とアートのカルチャーフェスティバル、『GREENROOM FESTIVAL '17』にブースを出展します。今シーズンよりすべてフェアトレードに生まれ変わった、パタゴニアのボード・ショーツとビキニ製品を展示し、よりフェアになったパタゴニア・サーフの世界観をご覧頂けます。
❖ GREENROOM FESTIVAL 17  リンク


■ パタゴニアのフェアトレードの取り組み
パタゴニアでは、製品を作る全ての人が生活を改善できるよう、2014秋冬シーズンから米国のフェアトレード認証団体<Fair Trade USA>とパートナーシップを組み、製造工程にフェアトレードを導入する主要アウトドアウェア企業として初めて、フェアトレード認証製品を展開してきました。

環境問題の解決のためにビジネスを手段とすることを理念に掲げるパタゴニアは、今シーズン、サーフ・カテゴリーのボード・ショーツとビキニ製品をすべてフェアトレード認証製品にし、世界中のサーフィンと衣料業界の変革にも同じ方法を取ることを決めました。最近では画面に指先で数回触れるだけで波のコンディションをチェックできるようになったものの、自分のウェアがどうやって作られたのかを調べるのは至難の技です。サプライチェーンの透明性を推し進めて労働者を支えるため、パタゴニアは今シーズンより、サーフ・カテゴリーのボード・ショーツとビキニ製品すべてをフェアトレード認証製品に変更しました。

これにより、2014年に1工場10製品ではじまったパタゴニアのフェアトレード・サーティファイド製品数は、10工場287製品に増え、2017年秋には12工場440製品まで拡大する見通しです。

パタゴニアでは、「労働者の支援」、「地域社会の強化」、「強制労働の撲滅」、「労働環境の安全」、「児童労働の撲滅」のため、製造するフェアトレード製品ごとに、労働者が生活水準を改善するために使うことのできる賞与を支払います。これは、お客様がフェアトレード・サーティファイド製品を購入するとき、その売上の一部が直接、その特定の製品に命を吹き込んだ人たちの手に渡るということです。そしてそれは、私たちのグローバル経済においては非常に稀な、優れた価値観への一票となります。

パタゴニアは、フェアトレードによる労働者支援の影響をさらに増幅させ、また、フェアトレードへの忠誠が他の企業を刺激し、あとにつづくことを願い、この春、「その業界を変える」と題したフェアトレードのキャンペーンを実施します。これは、パタゴニアの幅広いイニシアチブの一環です。

[動画: リンク ]



■ 会社概要
パタゴニア社 Patagonia, Inc.
米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置くアウトドア・アパレル企業のパタゴニアは、1973年、イヴォン・シュイナードによって設立されました。Bコーポレーションとして認証され、「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションとしています。パタゴニアは確かな製品品質へのコミットメントと環境に関する活動において国際的に知られ、これまでに8,200万ドル以上を助成金や製品寄付として提供しています。

パタゴニア日本支社 Patagonia International Inc., Japan Branch
所在地  :神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
設立年月日:1988年8月23日
日本支社長:辻井 隆行
公式ウェブサイト: www.patagonia.jp

■ お客様お問い合わせ先
パタゴニア日本支社 カスタマーサービス (受付時間:月~日 9:00~17:00)
フリーコール:0800-8887-447 (通話料無料)
IP電話サービス/携帯電話専用:045-435-6100 (通話料有料)
所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚4階

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事