logo

セイコーの「かんたん電子契約」でリース契約にかかわる手続きのペーパーレス化を実現

芙蓉総合リースが契約手続きに導入

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長: 関根 淳、本社: 千葉市美浜区中瀬1-8、TEL:043-273-3111、以下セイコーソリューションズ)は、機械・設備などのリースおよび関連事業を行う芙蓉総合リース株式会社(代表取締役社長:辻田 泰徳、本社:東京都千代田区三崎町3丁目3番23号、TEL:03-5275-8800、以下芙蓉総合リース)に、クラウド型電子契約サービス「かんたん電子契約」を提供いたしました。本日より、芙蓉総合リースにおいて、リース契約にかかわる手続きのペーパーレス化が開始されます。

セイコーソリューションズの「かんたん電子契約」は、従来、書面で行われていた契約締結業務を、電子署名やタイムスタンプを用いてWebブラウザー上で電子的に締結し、保存、閲覧できるクラウド型電子契約サービスです。

芙蓉総合リースでは、これまで、リース契約に関する手続きが書面により行われており、時間と事務工数がかかっていました。また、従来からお客様への取引情報を、自社のWebサービス「FLOW」によって提供しており、同サービスのクラウド化を進めていました。
今回、芙蓉総合リースでは、お客様のさらなる利便性向上のため、「FLOW」の機能を拡張し、当社の「かんたん電子契約」を組み合わせることで、契約締結業務にかかわる手続きのクラウド化を実現しました。これによって、リース契約の多いお客様が、終了する契約の選定からリース終了通知までをクラウドサービスにより、ペーパーレスで手続きできるようになりました。

セイコーソリューションズは、今後も、認定タイムスタンプサービスを中心とするデジタルエビデンス・ソリューションを提供し、安心・安全なICT社会に貢献できるよう、ユーザーニーズを見据え、サービスを拡充してまいります。


■「かんたん電子契約」について
「かんたん電子契約」は、セイコーソリューションズが提供するクラウド型の電子契約サービスです。従来は書面で行われていた契約締結業務を、電子署名やタイムスタンプを用いてWebブラウザー上で電子的に締結、保存、閲覧することができ、契約書のペーパーレス化、契約業務のスピードアップ・効率化が図れるうえ、印紙代削減のメリットもあり、多くの企業で導入が進んでいます。

■芙蓉総合リースの「FLOW」について
「FLOW」は、芙蓉総合リースがお客様向けに提供するWebサービスです。「リース契約情報・お支払予定情報」のほか、「リース会計参考資料」「リース契約書のPDFデータ」など充実した照会機能を備え、リース見積提示や設置場所変更の手続きなども可能です。現在、2,200社以上のお客様がご利用しています。



※本文中に記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。



報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ(株) 経営企画部 広報宣伝課
 担当:片山、伊濱     tel:043-273-3147  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客様からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ(株)
 デジタルトランスフォーメーション本部 クロノトラスト営業部
 担当:吉田、関野     tel:043-273-3342  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事