logo

デコイ(おとり)を使用した標的型攻撃出口対策セキュリティソリューション

東京エレクトロン デバイス株式会社 2017年04月18日 14時00分
From PR TIMES



報道関係各位
                                 東京エレクトロン デバイス株式会社
                                          2017年4月18日

       デコイ(おとり)を使用した標的型攻撃出口対策セキュリティソリューション
         米国TrapX Security、「Deception GRID」の販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は
TrapX Security(本社:米国カリフォルニア州サンマテオ、CEO:グレッグ エンリケズ、以下TrapX 社)と販売代理店契約を締結し、デコイを使用した標的型攻撃出口対策セキュリティソリューション「Deception GRID 」を2017年4月18日から販売開始します。
[画像1: リンク ]

■背景
昨今、ネットワークを通じて特定の企業や団体を狙った標的型攻撃が高度化、巧妙化し、サイバー犯罪への脅威が切実な問題になってきています。攻撃者は特定の企業や団体の職員に対して、ウイルスに感染したメールを偽装して送信し、有用なファイルと見せかけて開封させ、不正アクセス、ウイルス感染して目的の情報を抜き取っていきますが、このような標的型攻撃に対する対策として、ファイアウォール、サンドボックスなどの従来型の入口対策だけでは十分に対応できているとは言いがたく、脅威を防ぎきれていないのが現状です。情報漏えいが起きたときの企業の損失額は億単位にもおよぶことがあります。

■「Deception GRID 」について
「Deception GRID」は、標的型攻撃に対する新たな対策手法として注目されるDeception技術(攻撃者に対して偽の情報を与え、おとりとなってデコイ(存在しない仮想)の端末へ誘導し、重要サーバへの侵入、内部への攻撃を食い止める)を使ったサイバー攻撃対策セキュリティソリューションです。Deceptionには、だます、欺く、欺瞞という意味を含み、ネットワーク内におとりとなるデコイを多数用意して、実端末のメモリ上に罠を仕掛け、感染した実端末からデコイへ誘導します。実端末のメモリ情報からデコイのアラートを検知して、情報資産の流出を食い止めることが可能になります。
[画像2: リンク ]


■TrapX「Deception GRID」の機能・特徴
· 最新の入口対策を破り続ける「標的型攻撃」を内部で早期検知
· 「未知の脅威」「ゼロデイ攻撃」にも対処
· 誤検知率を限りなくゼロに近づける、画期的な検知戦略
· 検知後の、即座な脅威根絶を支援・自動化する機能群
· 脅威行動の追跡、インテリジェンスと照らした攻撃手法分析
· インストールされたペイロードを自動でサンドボックスに転送し、動的解析
· ネットワークセンサーによるアウトバウンド通信検査で、C2サーバへのコールバック監視
· レスポンスのアクション自動化(エンドポイント・レスポンス自動化ツール、3rdパーティ連携)
· 幅広い業界に対応する豊富な欺瞞技術
· 管理コンソール1台でマルチテナントに対応
· エージェントレス

■ライセンス体系
· コンポーネント単位でのサブスクリプション課金

■提供機能
· Trap X(Virtual)アプライアンス
· Trap X マネジメントコンソール
· トークン(罠情報)
· スレットインテリジェンス(脅威情報)
· クラウドサンドボックス
· アップグレード権
· QA対応

TrapX Security 社 CEO グレッグ・エンリケズ氏のコメント
 この度、日本の皆様に対して東京エレクトロンデバイスと共にデータ及び基盤を守る“Deception Grid”をご紹介できる運びになった事を大変、嬉しく思っております。国内外を問わずサイバー攻撃は増加の一途を辿り、これは日本においても例外ではなくより先進的なセキュリティ技術を導入する事が避けられなくなってきております。TrapXにより提供されるDeception(欺瞞)技術と東京エレクトロンデバイスにより提供される導入支援は高度なサイバー攻撃から資産を守る最良の方法を提供できると確信しております。我々は東京エレクトロンデバイスを重要なパートナーと位置づけており、脅威管理戦略の1つとしてDeception Gridを取り扱い開始する事を心より歓迎します。

【サポート体制】
導入・構築・検証支援までをサポートするとともに、ヘルプデスク対応を用意しています。
URL:リンク

【セミナーのご案内】
TrapX製品ご紹介セミナー
日程      : 5月18日 15時30分~
会場      : 当社 新宿オフィス
定員      : 30名
参加費     : 無料
主催      : 東京エレクトロン デバイス株式会社

TrapX Security,Incについて
本社:米国カリフォルニア州サンマテオ
CEO:グレッグ エンリケズ
設立:2011年
URL:リンク

東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:リンク

東京エレクトロン デバイス株式会社CNカンパニーについて 
CNカンパニーでは、ストレージ、ネットワーク関連機器、およびソフトウェア製品を幅広く取り扱い、クラウド時代のビジネスソリューションとして提供しています。世界の最先端テクノロジーをいち早くキャッチするマーケティング機能を国内外に持ち、導入からサポートまで一貫して提供しています。
CNカンパニー専用サイト:リンク

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム: リンク

<製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
CNカンパニー CN技術本部 クラウド技術部 山内・冨金原
Tel:03-5908-2092、Fax:03-3344-1811
お問い合わせフォーム:リンク
TrapX製品ページ  :リンク

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。.

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。