logo

Ruby on RailsならではのスタンダードなWeb開発事例を公開

~Railsの提案だったからこそ、短納期で納品できました~

Ruby開発に強いトランスネットが、RailsならではのスタンダードなWeb開発事例を公開しました。

「昨年の4月にコーポレートサイトと商用のサイトの二つをリニューアルされるとのことで、当時、3社競合となっていました。こちらのお客様は元々の既存のお客様であり、以前よりお世話になっていました。当社を含めた3社からの提案をお客様が検討され、最終的に、価格面で一番魅力的で、提案が具体的であったという理由で弊社の提案を採用されました。当時、Ruby on Railsでの提案をしていたのは弊社だけだったように思えます。

提案依頼を受けた時は既に要件が大まかに固まっていたのですが、細部に入ると、お客様社内の意見がなかなかまとまらずにいました。結局、要件確定まで半年以上の時間がかかってしまっていました。

商用サイトについては、管轄部門が明確なので、要件確定が早めに決まったのですが、予想外に時間がっかったのがコーポレートサイトのほうでした。コーポレートサイトは管轄部門が複雑で、要件確認のたびに、関連部門全ての合意が必要だったようで、かなり細部決定に時間がかかっていたようでした。

最終的に要件が固まったのは昨年の10月末であり、サービスインの期日まで1カ月強という短期間での開発になってしまいました。短期間で開発ができたのもRuby on Railsで提案していたからこそ、納期に間に合ったように思えます。」

◆事例概要

対象システム:コーポレートサイトおよび商用サイト
開発フレームワーク:Ruby on Rails
開発期間:要件確定後1.5か月

お客様のご評価
・要件がなかなか決まらない中、Ruby on Railsを活用したアジャイル開発を採用することで、短期間で構築できた。
・デザインも満足が行くWebサイトが構築できた。

(本事例のダウンロードは以下よりお願いいたします)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。