logo

ニュー ポルシェ911 RSRが FIA世界耐久選手権 シーズン開幕戦を表彰台で飾る

ポルシェジャパン株式会社 2017年05月09日 14時33分
From 共同通信PRワイヤー

ニュー ポルシェ911 RSRがFIA世界耐久選手権 シーズン開幕戦を表彰台で飾る

GTレース – FIA世界耐久選手権(WEC)、シルバーストーン開幕戦、イギリス

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のニューポルシェ911RSRは、 FIA世界耐久選手権の開幕戦であるシルバーストーン6時間レースを表彰台で飾り、今シーズンをスタートしました。91号車のステアリングを握るリヒャルト・リーツ(オーストリア)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)組は、50,000人以上の観客を集めたこの復活祭の日曜日にGTE-Proクラスの3番グリッドからスタートしました。自動車メーカー4社が参戦するこのカテゴリーは、シーズンのスタートからスリリングな展開の171周となりファンを熱狂させました。WECポルシェGTチームは、米国とカナダで開催されるIMSAスポ-ツカー選手権と同じく、2017年シーズンのためにヴァイザッハで新開発された911 RSRレーシングカー(最高出力510PS)で参戦しました。

今年のFIA世界耐久選手権(WEC)の開幕戦であるシルバーストーンサーキットには27台の車が並びました。スタート時、イギリスのミッドランズにある名高いサーキットの上空は雲で覆われ、冷たい風が吹き、レース後半には軽いにわか雨が降りました。しかし、観覧席の熱心なモーターレースファンやドライバーの気持ちが削がれることはありません。コース上は部分的には濡れてはいるものの、ウェットタイヤに交換することなくスリックタイヤを維持し、果敢な闘志と見事なパッシングテクニックで観客を魅了しました。今シーズンはレースごとに6セットではなく4セットのタイヤしか使用できないため、ポルシェGTチームは予選ではあえてタイヤをセーブし、決勝に臨みました。

戦略が功を奏して、91号車のフレデリック・マコヴィッキは、1周目に順位を3つ上げ、10周目には3位につけました。彼のスリップストリームにはチームメイトのミカエル・クリステンセン(92号車)が入ります。クリステンセンは連続して最速のラップタイムを叩き出し、常に先頭集団を射程内に入れていました。わずか30分後に、マコヴィッキは2位に、クリステンセンは3位に上がりました。雨が降り始めてもマコヴィッキの闘志が衰えることはありません。27周目には初めて首位を捕らえて攻防戦を繰り広げつつ、2時間後にリヒャルト・リーツに交代します。92号車を引き継いだケヴィン・エストルは、先頭集団の追撃を続けます。しかし、その道半ばで彼の911 RSRにテクニカルトラブルが発生しました。

一方、フレデリック・マコヴィッキは見事な走りを見せました。ゴールの2時間前にセーフティカーが出動したとき、リヒャルト・リーツから引き継ぎ、最速ラップを打ち立てます。残り1時間12分の時点で、首位を走っている最中に緊急フューエルストップします。この段階でライバルは最後のピットストップをすでに済ませていました。そのためマコヴィッキは4位でレースに戻りますが、最終ラップで見事に3位に返り咲きました。ゴール寸前の追い上げによる表彰台獲得によって、2017年シーズンの幸先よいスタートを切ることができました。

GTE-Amクラスでも、ポルシェは活躍を見せました。デンプシー・プロトン・レーシング カスターマーチームから911 RSRを駆る若いマッテオ・カイローリ(イタリア)、クリスティアン・リード(ドイツ)、マービン・ディエンスト(ドイツ)のチームが劇的な最終ラップで3位を獲得しました。マッテオ・カイローリは前日にシルバーストーンで開催されたヨーロピアン ル・マン シリーズ(ELMS)開幕戦でもプロトンの911 RSRで2位を飾っています。

FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦は、5月6日にスパフランコルシャン/ベルギーで開催されます。

レース後のコメント
ポルシェ・モータースポーツ責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士:「GTE-Proはすばらしいレースでした。見事な追い越しで接戦となりました。チームをアピールする良い機会になったと思います。観客の皆さんは支払ったお金に値するレースを見ることができたと思います。戦略的に難しいレースで、コーションフェーズによってさらに面白くなりました。91号車がテクニカルトラブルでリタイヤしたのは残念でした。原因はまだはっきりしていません。しかし基本的に好調で、次のレースへ向け自信を与えてくれました。GTE-Amクラスもスタートからゴールまで魅力的なレースでした。劇的な最終ラップで、デンプシー・プロトン・レーシング カスターマーチームも3位を飾り、チームの実力が証明されました。」
リヒャルト・リーツ(911 RSR #91):「特に雨の中でのスリックタイヤによる私のスティントは難しい場面でした。表彰台を飾れてうれしいです。WECシーズンのすばらしいスタートといえます。」
フレデリック・マコヴィッキ(911 RSR #91):「このタフなレースで表彰台を飾ることができて良かったです。不運な状況もありましたが、走り自体は好調でした。予選を考えると3位は満足できる結果です。次のレースにつなげたいと思います。」
ケヴィン・エストル(911 RSR #92):「911 RSRはスタートから好調でした。戦略上、レースの最後の2時間までタイヤをもたせることが重要でした。全てが計画どおりに運びましたが、ダブルスティント終盤に突然パワーがなくなり、煙と炎がでました。開幕戦でこの結果は残念でした。」
ミカエル・クリステンセン(911 RSR #92):「序盤は本当に好調でした。予選を抑え決勝に備える戦略のおかげでタイヤもうまくセーブされました。数人のライバルを追い抜いて、トップに迫り、一時は3位まで上がることができました。この点はポジティブに考えるべきでしょう。次のスパが楽しみです。」
マッテオ・カイローリ(911 RSR #77):「初めて経験するWECシーズンにすばらしいスタートを切ることができました。良い経験になりました。3位は本当にうれしいです。最終ラップは幸運でした。チームのおかげです。」

レース結果
GTE-Proクラス
1. プリオール/ティンクネル/デラニ(イギリス/イギリス/ブラジル)、フォードGT、171周
2. カラド/ピエール・グイディ(イタリア/イタリア)、フェラーリ488 GTE、171
3. リーツ/マコヴィッキ(オーストリア/フランス)、ポルシェ911 RSR、171
4. ミュッケ/プラ/ジョンソン(ドイツ/フランス/米国)、フォードGT、171
5. リゴン/バード(イタリア/イギリス)、フェラーリ488 GTE、170
6. ティーム/ソーレンセン/スタナウェイ(デンマーク/デンマーク/ニュージーランド)、アストンマーチン、170
7. ターナー/アダム/セラ (イギリス/イギリス/ブラジル)、アストンマーチン、168
8. クリステンセン/エストル(デンマーク/フランス)、ポルシェ911 RSR、102

GTE-Amクラス
1. モック/澤/グリフィン(マレーシア/日本/アイルランド)、フェラーリ488 GTE、166周
2. ダララナ/ラミー/ラウダ(カナダ/ポルトガル/オーストリア)、アストンマーチン、166
3. リード/カイローリ/ディエンスト(ドイツ/イタリア/ドイツ)、ポルシェ911 RSR、166
4. ウェインライト/バーカー/フォスター (イギリス/イギリス/イギリス)、ポルシェ911 RSR、143
フロール/カステラッチ/モリナ(チェコ/イタリア/スペイン)、フェラーリ488 GTE、予選通過せず


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事