logo

株式会社エボラブルアジアと戦略的資本業務提携~ベトナム拠点にて通販企業向けデジタルマーケティングに関する製作受託展開へ~

株式会社ピアラ 2017年04月17日 17時20分
From PR TIMES

通販企業のPDCAに伴う多量のWEB製作作業を一貫してサポート

AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 当社)は、One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191)と戦略的資本業務提携について合意しました旨をお知らせいたします。



[画像: リンク ]

             
■提携の狙い
通販業界の中でEC化比率が加速する中、当社の推奨するRESULTプラットフォームでより細かいOne To Oneマーケティングを実施し、マーケティングの最適化を行う際、多量のキャンペーンページの作成やECサイトのコンテンツ更新など、膨大な製作業務が発生いたします。そのコストの軽減やリソースの提供をしていくことで、通販企業様のよりスピーディなマーケティング業務の最適化支援を両社で行ってまいります。

今後も当社とエボラブルアジア社は、両社の強みを生かし、一層のサービス価値向上を図ってまいります。


【株式会社エボラブルアジアについて】

本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,019,967千円(払込資本 1,844,934千円)
URL:リンク


【サービスサイト】

総合旅行サービスプラットフォーム AirTrip :リンク
AirTrip海外航空券          リンク
綜合旅行販売サイト TRIP STAR:リンク
国内航空券予約サイト 空旅.com:リンク
ビジネストラベルマネジメント事業:リンク
ITオフショア開発事業       :リンク


【株式会社ピアラについて】

ピアラは自社開発のRESULT プラットフォームを主体に、

・マーケティングオートメーションシステム
・行動履歴、購買履歴、顧客属性などのデータマネージメントプラットフォーム(DMP)
・成果報酬型アフィリエイトシステム

などを有し、述べ 650社以上のダイレクトマーケティング支援のノウハウを強みとしています。運用コンサルタントがこれら独自テクノロジーを用いて、企業様に対し、KPI保証型サービスとして、集客~販促~顧客育成までの一貫した提案に積極的に取り組んでおります。

今後も国内外の事業拡大に注力し、各企業様の成長戦略パートナーとしてマーケティングのサポートをしてまいります。


【会社概要】
商号   : 株式会社ピアラ
代表者  : 代表取締役 飛鳥 貴雄
所在地 : 〒150-6029
東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー 29階
設立 : 2004年3月
事業内容 : ダイレクトマーケティングコンサルティング事業
ECトランスフォーメーション事業
広告マーケティング事業
資本金 :14,600万円(準備金含む)
関連会社 :比智商貿有限公司(杭州)商貿有限公司
PIATEC(Thailand) Co., Ltd. 株式会社PIALab.
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。