logo

3D地図データ「GEOSPACE 3Dソリューション」の提供を開始

NTT空間情報株式会社 2017年04月17日 10時45分
From PR TIMES

~全国の詳細な高さデータが手軽に利用可能に~

デジタル地図の整備・制作および、空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬崇)はこのたび、全国の詳細地図を提供している当社ならではの電子地図と建物高さ情報を活用し、高さデータを付与した三次元ポリゴンデータ(「GEOSPACE 3Dソリューション」)の提供を開始いたしました。リンク



「GEOSPACE 3Dソリューション」は、地図上で建物の三次元化を行うことにより、ビルによる電波障害エリアの表示やビル付近の日照時間の計測等をはじめ、さまざまなシミュレーションを実現するためのデータを提供します。

建物の高さはビルの階数からの算出ではなく、オルソ画像※を制作するための元画像から計算しているため、高精度の高さ情報を算出・提供することが可能です。

5Gへ向けた新たなアンテナ設置検討や、業務用・農業用ドローンなどの運航計画、災害シミュレーションなど、今後需要が高まる分野でより高精度の高さ情報[空法2] を安価に利用いただけます。

【利用例 各シミュレーション/事業検討へ】
1. 携帯電話の電波伝搬(5Gへ向けたアンテナ設置計画)
2. 都市景観(大規模ビル建設に向けた周辺景観の確認)
3. 太陽光パネル設置(太陽光発電量の推測)
4. 河川浸水(通信設備の安全確認)
5. 運航ルート(ドローン運航ルート計画)
6. 浸水など災害対策(津波・大雨対策工事計画)

提供価格も、従来の航空測量3Dデータより約1/2から1/10と、大幅にコストダウンしてのご提供が可能であり、お手軽にご利用いただけます。
画像サンプルおよび詳細情報を添付資料にまとめておりますので、ぜひともご高覧ください。

■GEOSPACE 3Dソリューションについて


[画像2: リンク ]

【ソリューションメニュー、提供価格、提供フォーマット】


[画像3: リンク ]


【提供データ】


建物高さの三次元ポリゴンデータ
★GEOSPACE電子地図の家屋図形へ高さ(「建物高さ+標高」、「建物高さ」)属性を付加したデータ。
建物高さの精度について、±1.5mを実現。
[画像4: リンク ]

[オプション]建物高さの三次元ポリゴンデータ(詳細データ)
★デザイン性が豊かな建物(高層棟/低層棟など)の複雑な形状を忠実に表現。


[画像5: リンク ]

★地表面(土地、道路、橋梁、建物、植生等を含む)の数値表層モデルデータ。

[画像6: リンク ]

★地表面(土地、道路、橋梁、建物、植生等を含む)の点群データ。

[画像7: リンク ]


【提供エリア】
全国の都市部、山間部のエリア(ただし、一部提供できないエリアもございます)。詳細は弊社ホームページをご覧ください。
リンク

※オルソ画像とは
高い建物や山間部を航空写真撮影、測量する際、中心から外周に行くに従いひずみが生じる。このような状態では、計測を行うことも2D[空法11] 地図と重ね合わせることもできません。このひずみを修正することをオルソ補正といい、この補正をかけた航空写真のことをオルソ画像と呼びます。

[参考:GEOSPACEについて リンク] リンク
GEOSPACE電子地図は、NTTにおける研究開発の歴史の中で磨かれたノウハウ・技術により、高い精度とクオリティ、広いカバレッジを有し、通信サービスにおける電柱・マンホール等の設備管理や自治体の防災対策、企業マーケティングなど多くのシーンでご利用いただいております。また、新たに地番地図の提供を開始し、GISを活用した企業活動の効率化やビジネスの拡大に貢献しています。
[画像1: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事