logo

越境ECサービス『SD export』、台湾・香港向けの配送手段に株式会社ECMSジャパンが提供する「ECMS EXPRESS」 を導入

ラクーン 2017年04月17日 11時00分
From PR TIMES

株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の越境ECとなる、BtoBの輸出販売サービス『SD export』は、台湾・香港向けの新たな配送手段として、株式会社ECMSジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:小松 英樹)が提供する、越境EC向けの物流サービス「ECMS EXPRESS」を導入しました。



ECMS EXPRESSは東アジアに強みを持つ物流サービスであるため、SD exportは台湾・香港の会員小売店に対し、より充実した配送手段を提供し、さらなる流通額拡大を目指します。


■概要

SD exportは、ファッション・雑貨を中心に扱う日本国内のメーカーと海外の小売店が取引できる会員制のBtoBの越境ECサイトです。SD exportが海外販売に伴う煩雑な作業をすべて代行するため、日本のメーカーは国内販売と変わらない作業で世界134ヵ国の海外小売店と取引することが可能となります。一方、ECMS EXPRESSは、東アジアに強みを持ち、Amazonなど大手の配送も受託するECに特化した物流サービスです。

越境ECにおいて配送料と納期は購入を左右する大きな要因です。SD exportの配送手段としては、2015年8月のサービス開始時にDHLとEMSを導入しました。その後、海外小売店からの安価な配送手段を求める声を受けて、2016年3月に日本郵便の航空便と船便を新たに導入したところ、その効果は大きく、導入した同月の流通額は前月対比で約3倍にアップしました。

今回ECMS EXPRESSを導入する台湾と香港は、SD exportにおいて会員数、購入額ともに上位の国であり、国別の会員数では台湾が2位、香港が3位、国別の購入額では台湾が1位、香港が2位となっております。この物流量や日本との距離などから、ECMS EXPRESSではこの2か国に対し、船便と変わらない配送料で航空便での短納期配送を可能にします。
よってこのECMS EXPRESSの導入は台湾・香港の会員小売店の利用をさらに促進し、流通額拡大に寄与すると考えております。

SD exportは、今後も積極的にさまざまなサービス改良を行い、より使いやすいサービスを目指して邁進してまいります。

■参照

SD export リンク

[画像: リンク ]

SD exportはファッション&雑貨の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の越境ECとなる輸出販売サービスで、日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイトです。メーカーは日本国内にあるスーパーデリバリー倉庫に商品を発送するだけで、世界134ヵ国の海外の小売店や企業と手軽に決済リスクのない取引をすることができます。2015年8月からサービスを開始。商品掲載数は約16万点。約600社のメーカーが、国境を超えた世界15,000店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮しています。(数字は全て2017年3月末現在)

株式会社ラクーン
代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :1995年9月
資本金 :821,570千円(2017年1月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
URL : リンク

■プレスリリースに関するお問合せ先
広報担当 督永(とくなが)/有本 TEL:03-5652-1692 MAIL:pr@raccoon.ne.jp
IR 木村 TEL:03-5652-1711

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。