logo

2018年にデビュー10周年を迎える Kalafina、公式ファンクラブ「Harmony」をオープン!

株式会社SKIYAKI 2017年04月14日 15時00分
From PR TIMES

会員証の発行や入会特典、継続特典をはじめ、会員専用サイトの閲覧やメールマガジン、チケットの先行予約など数々の特典をご用意!

アーティスト・クリエイターのファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営を行う、“FanTech”分野(※1)のパイオニア、株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)はSpace Craft GROUP所属で、梶浦由記プロデュースの3人組ヴォーカルユニット Kalafina(カラフィナ)オフィシャルファンクラブ「Harmony(ハーモニー)」(URL:リンク)を公開しました。2018年の10周年に向けて始動した本ファンクラブでは、入会者に、会員証の発行や入会特典、継続特典をはじめ、チケットの先行予約など数々の特典をご用意しております。



[画像: リンク ]

Kalafinaは、3人の個性あるボーカルで奏でられるコーラスワークが魅力の3人組ヴォーカルユニットです。2008年に梶浦由記プロデュースによるプロジェクトとしてスタートし、以後、リリースするオリジナルアルバム全てがオリコンウィークリーチャートTop10以内にチャートイン。現在NHK総合テレビにて放送中の「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲も担当しており、幅広い層に支持されています。

2015年2月に行われた自身初の日本武道館2days公演では、チケットが即日完売。2日間で延べ2万人を動員しました。2015年から2016年にかけて行われたツアー「Kalafina LIVE TOUR 2015~2016 “far on the water”」では、海外(香港・台湾・メキシコ・中国)を含む7都市14公演で、延べ約4万人を動員。2016年9月に開催した自身初のアリーナツアー「Kalafina Arena LIVE 2016」も大成功を収めています。海外での人気も高く、2009年にボストンで開催されたアニメイベント出演を皮切りに、L.A.・シカゴ・シンガポール・マレーシア・ドイツ・ジャカルタ・タイで開催されたイベントやライブに出演。さらには、台北・上海・香港では単独ワンマンLive Tourを開催。またCDリリースの実績は全世界16ヶ国、iTunesなどの配信サイトでも53ヶ国で配信されるなど、国内のみにとどまらず、世界中が注目するヴォーカルユニットです。

2017年4月5日(水)には、ソニー・ミュージックレーベルズの新レーベル「SACRA MUSIC(サクラミュージック)」より20枚目のニューシングル 「into the world / メルヒェン」をリリース。同月14日(金)には、2018年1月へのデビュー10周年に向けて、オフィシャルファンクラブ「Harmony」をオープンしました。さらに15日(土)からは、全国10都市を巡るホールツアー「Kalafina “9+ONE”」(リンク)の開催も決定しており、今後の活躍にファンの期待も高まります。

この度オープンした本ファンクラブでは、入会者に、会員証の発行や入会特典、継続特典をはじめ、チケットの先行予約など数々の特典をご用意しております。当ファンクラブの詳細については、下記をご確認ください。

▼ Kalafina オフィシャルファンクラブ「Harmony」
URL:リンク


【 Kalafina オフィシャルファンクラブ 詳細】

■サイト名
「Harmony」

■URL
リンク
※当サイトはオフィシャルサイトとファンクラブを兼ねて運営しています。

■会費
入会金1,000円(税込)
年会費4,000円(税込)
※お支払いには、クレジットカード決済、コンビニ決済、郵便振替がご利用いただけます。

■有料会員限定コンテンツ
会員証発行:
Kalafina オフィシャルファンクラブ「Harmony」オリジナル会員証を発行致します。
会報誌の発行(年4回):
会報誌でしか見る事のできない Kalafinaの姿を公開致します。
入会特典の送付:
ファンクラブ会員様限定のオリジナルグッズをプレゼント致します。
継続特典の送付:
継続特典を毎年プレゼント致します。
会員限定イベント・ライブの開催:
ファンクラブ会員様限定でご参加できるイベントやライブを開催致します。(不定期)
チケットの先行予約販売:
ライブや、イベントのチケットを最速で手に入れられるチャンスです。
ライブ会場での会員限定サービス:
ライブ会場に来て下さったファンクラブ会員様に継続申込サービスや会員限定グッズの販売の実施を致します。(実施しないライブ・イベントもございます。)
メールマガジン配信:
Kalafinaの最新情報をお届け致します。(不定期)
会員限定サイトの閲覧:
動画などファンクラブでしか見られないコンテンツをお届け致します。
会員限定通販サイトの利用:
ファンクラブ会員様限定でご購入いただけるグッズを販売予定です。


【 Kalafina プロフィール】

■Kalafina(カラフィナ)
梶浦由記プロデュースにより2008年1月「oblivious」でデビュー。
昨年行われた「Kalafina Arena LIVE 2016」は大成功を収めた。
3人の個性あるボーカルで奏でられるコーラスワークが魅力。

■Wakana
高音域を担当するWakana。 その歌声は澄んでいて、シルキー。
流れるように滑らかの旋律を歌う時の彼女の声は、
時に祈りのように、時に深い慈愛を湛えて響く。

■Keiko
低音でKalafinaのコーラスワークのボトムを支える役割を担うKeiko。
彼女の歌声は太く、存在感があり、濃厚。
大地のように雄大に、また時にはしっとりと温かく響く。

■Hikaru
高音域から中音域を担当するHikaru。彼女は広い音域を持つ。
声質にオリジナリティがあり、時に力強く、スタイリッシュで、キレがある。
その高音は伸びやかでソリッドでどこまで突き抜けていくよう。


【 ホールツアー「Kalafina “9+ONE” 」】

[千葉公演]会場:森のホール21
2017年4月15日(土) 16:30開場 / 17:00開演
2017年4月16日(日) 15:30開場 / 16:00開演
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799

[北海道公演]会場:わくわくホリデーホール
2017年4月23日(日) 17:30開場 / 18:00開演
お問合せ:WESS 011-614-9999

[愛知公演]会場:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2017年4月30日(日) 17:30開場 / 18:00開演
お問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

[大阪公演]会場:フェスティバルホール
2017年5月2日(火) 18:00開場 / 19:00開演
2017年3日(水・祝) 15:00開場 / 16:00開演
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

[神奈川公演]会場:神奈川県民ホール 大ホール
2017年5月7日(日) 16:45開場 / 17:30開演
お問合せ:キョードー横浜 045-671-9911

[埼玉公演]会場:大宮ソニックシティ 大ホール
2017年5月13日(土) 17:00開場 / 17:30開演
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799

[富山公演]会場:オーバード・ホール
2017年5月14日(日) 17:15開場 / 18:00開演
お問合せ:北日本新聞社 事業部 076-445-3355

[東京公演]会場:東京国際フォーラム ホールA
2017年6月3日(土) 17:00開場 / 18:00開演
2017年6月4日(日) 15:00開場 / 16:00開演
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799

[宮城公演]会場:仙台サンプラザホール
2017年6月10日(土) 17:00開場 / 18:00開演
お問合せ:キョードー東北 022-217-7788

[福岡公演]会場:アルモニーサンク北九州 ソレイユホール
2017年6月17日(土) 17:30開場 / 18:00開演
お問合せ:キョードー西日本 092-714-0159

チケット料金:全席指定¥7,300(税込) ※未就学児童入場不可
チケット一般発売日:2017年3月18日(土)


【株式会社SKIYAKI 会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14フジビル40 4F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:374,000千円(資本準備金を含む)
事業内容:アーティスト・クリエイターのオフィシャルファンクラブ・ファンサイトサービス、ECサービス、電子チケットサービス、サポートサービス、アーティストドキュメンタリー映画制作、オリジナルガジェット開発、プラットフォーム開発

■Corporate:リンク
■Facebook:リンク
■twitter:リンク

【株式会社SKIYAKIについて】
当社は、クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、運営及び公式グッズECサイト、電子チケットサービスなどの開発を手がけております。当社がアーティストやクリエイター、企業、およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、全員が働きがいを感じ、成長し続けることができる環境づくりを推進しております。


(※1)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する造語。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業など創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事