logo

「地域コミュニティ貢献積立金」を活用した社会貢献活動について

ダイドードリンコ株式会社 2017年04月14日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成29年4月14日

会社名  ダイドーグループホールディングス株式会社
代表者の役職氏名  代表取締役社長 高松 富也
          (コード番号:2590 東証第1部)
問い合わせ先  執行役員 コーポレートコミュニケーション部長 長谷川  直和
電話番号  0 6 - 7 1 6 6 - 0 0 7 7

「地域コミュニティ貢献積立金」を活用した社会貢献活動について

 ダイドーグループホールディングスは、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」という企業理念のもと、継続的な社会貢献活動の実現を目的とした、「地域コミュニティ貢献積立金」を設けており、本年度は1億円を積み立てております。本積立金を活用し、「地域の活性化」「青少年の育成支援」「当社オリジナルの活動」 という3つのコンセプトに基づき、以下の活動を継続して実施してまいります。
 今後も、当社グループは地域社会と共に発展すべきという考えに基づき、地域コミュニティ活性化に貢献できる活動に対して積極的に取り組んでまいります。

【画像: リンク
「東北復興“絆”義援金」自販機  「踊育‐東北ダンスプロジェクト‐」
「ペーパークラフト自動販売機」 「自動販売機体験授業」

■主な当社オリジナルの支援活動/実施概要

1.「東北復興“絆”義援金」自販機の展開
当該自販機の売上本数に応じた金額を岩手県、宮城県、福島県の各漁業連合へ寄付。

2.学校教育におけるストリートダンス等の文化支援・「踊育(だんいく)-東北ダンスプロジェクト-」の実施  
岩手県、宮城県、福島県の約100校の幼稚園・小中学校を対象に、ダンス授業と教員向け研修会を実施。

3.福島県内での運動不足解消に向けた支援・「踊育(だんいく)親子ヒップホップ教室@ふくしま」の実施
福島県にある屋内施設にて、未就学児を中心に親子でできるリズミカルなヒップホップダンス教室を実施。

4.手作り自販機キットによる親子支援・「ペーパークラフト自動販売機キット」の無償提供
大人と子どもが協力して制作する「ペーパークラフト自動販売機キット」を全国の子どもたちに無償提供。

5.自販機による社会貢献「レンタルアンブレラ」を実施 
雨傘の“無償貸し出しサービス”を自販機で実施。

6.職業体験イベント「自動販売機体験授業」を実施
自販機に関する体験型の授業を営業所などで実施。

7.「地域活性化」「青少年育成」を目的とした「ご当地!絶品うまいもん甲子園」参加校への支援
高校生の料理コンテストである「ご当地!絶品うまいもん甲子園」に参加する学生へ料理研修などを提供。

8.「NPO日本の祭りネットワーク」への加盟、支援
日本の伝統文化である祭りを通じて、地域から日本を元気にする「NPO 日本の祭りネットワーク」の活動に賛同し、会員企業として支援。

■経済的支援活動/実施要項
東日本大震災で被災した子どもたちへの支援/公益社団法人「ハタチ基金」への支援

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事