logo

Dr.Web 11.0 for Windows、修復ユーティリティ Dr.Web CureIt! Dr.Web AV-Desk 10.0に含まれるコンポーネントをアップデート

Doctor Webは、Dr.Web製品に含まれるDr.Web Scanning Engine (11.1.8.201702170)、 Dr.Web Thunderstorm Cloud Client SDK (11.0.2.03300) およびDr.Web SysInfo (11.1.5.201704040)をアップデートしました。また、Dr.Web KATANAでは、Dr.Web Anti-rootkit API Base (201704040)、Dr.Web KATANA Control Service (11.1.6.02150) およびDr.Web KATANA Agent (11.0.7.201702271)がアップデートされました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正され、新しい機能が追加されたほか、内部変更が加えられました。

###
Dr.Web Scanning Engineでは、以下の変更が加えられました。
不審なファイルに対し「無視する」アクションが選択された際、それらのファイルが隔離へ移動される問題が解決されました。
ログのローテーションが正常に行われないエラーが修正されました。

Dr.Web Thunderstorm Cloud Client SDKでは、以下の変更が加えられました。
新しい Intelプロセッサーとの互換性が確保されました。

Dr.Web Anti-rootkit API Baseでは、以下の変更が加えられました。
証明書および信頼できるアプリケーションのデータベースが更新されました。

Dr.Web KATANA Control Serviceでは、以下の変更が加えられました。
Dr.Web ShellGuardがプログラムモジュールのリストに追加されました。

Dr.Web KATANA Agentでは、以下の変更が加えられました。
隔離されたオブジェクトに関する説明が変更され、不要なフィールドが削除されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。