logo

高まる高輝度化のニーズに応えラインアップを拡充 「パワープロジェクター」シリーズ4機種を発売

キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、従来機種(※1)に対して高輝度化を実現したLCOS(エルコス)(※2)方式のプロジェクター2機種とDLP(R)(※3)方式のプロジェクター2機種を4月20日より順次発売します。高輝度・高画質なレンズ交換モデルからポータブルモデルまでラインアップを拡充し、高まる高輝度化のニーズに応えます。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

“WUX6500”は、高精細な映像投写を実現するレンズ交換式モデル、“WUX500ST”は、短い距離から大画面投写が可能な短焦点モデルで、LCOS方式のプロジェクターです。“LV-HD420/LV-X420”は、明るさと小型・軽量を両立したポータブルモデルのDLP(R)方式のプロジェクターです。いずれも従来機種より輝度を高め、さらなる高画質な映像投写を実現しています。

■ 高輝度・高解像度で高画質な映像投写を実現(WUX6500/WUX500ST)
いずれもWUXGA(1920×1200画素)の解像度に対応し“WUX6500”は6500lm、“WUX500ST”は5000lmの高輝度な映像投写を実現しています。反射型液晶LCOSパネルを搭載することで、網目のような格子感を抑えた、滑らかな映像投写が可能です。また、独自開発の光学システム「AISYS(エイシス)(※4)」と映像エンジンにより、高輝度・高画質な映像投写を実現し、大会議室や展示会場、教育現場、プロジェクションマッピングやデジタルサイネージでの利用など、あらゆる場面で高輝度化のニーズに対応します。

■ 明るさと小型・軽量を両立しニーズに応じた機種の選択が可能(LV-HD420/LV-X420)
“LV-HD420/LV-X420”は、いずれも外形寸法約31.4cm(幅)×23.1cm(奥行)×11.2cm(高さ)、質量約3.4kgと小型・軽量ながら、4200lmの明るさを実現しています。“LV-HD420”はフルハイビジョン(1920×1080画素)、“LV-X420”はXGA(1024×768画素)の解像度に対応し、用途に応じた選択ができます。教育現場で普及が進むデジタル教材の投写や、オフィスなどの中規模な会議室での資料投写など、幅広い用途での活用が可能です。


[表: リンク ]



※1 “WUX6500”は「WUX6010」(2016年4月発売)、“WUX500ST”は「WUX450ST」(2016年4月)、“LV-X420”は「LV-X320」(2015年11月)の上位機種。
※2 Liquid Crystal On Siliconの略。ランプから発した光を3原色に分解し、反射型液晶パネルによる反射光を合成する方式。
※3 Digital Light Processingの略。ランプから発した光をカラーホイールを通じてデジタルミラーデバイスで調整する方式。
※4 Aspectual Illumination Systemの略。キヤノン独自の照明光学系システム。
※5 投写レンズは、プロジェクター本体とは別売りです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事