logo

生活習慣と睡眠がストレスチェックに大きく影響、高ストレスリスクが10倍以上に

株式会社こどもみらい 2017年04月13日 10時30分
From PR TIMES

2015年より義務化されたストレスチェック制度、メンタルヘルス問題の改善に活用できていますか?

ストレスケア総合サービス「STRESCOPE」(運営会社:株式会社こどもみらい、本社:東京都世田谷区)は、生活習慣と睡眠がストレスチェックに与える影響度について、大学と連携調査を行い、生活習慣の乱れや睡眠不足により、高ストレスリスクが 10 倍以上になる結果を導き出しました。
本調査結果について、2017 年 5 月 12 日に東京ビッグサイトで開催される日本産業衛生学会にて発表致します。



ストレスケア総合サービス「STRESCOPE」(運営会社:株式会社こどもみらい、本社:東京都世田谷区)は、法制化前より大学や医療機関と連携し、「本当に効果のあるストレスチェック」「今日からできるストレス対策」を目指したサービスを提供しております。
また、同社の「Sleep & Health Research Project」では睡眠の改善を通じた疾患の予防や生産性の向上のためのプログラムを、企業や学校へ提供しています。
[画像1: リンク ]

【サービスサイトURLはこちら】
「STRESCOPE(ストレスコープ)」  リンク
「Sleep & Health Research Project」 リンク

この度、「STRESCOPE」を用いた大学との連携調査にて、生活習慣と睡眠がストレスチェックに大きく影響する結果が導き出されました。本調査結果について2017 年 5 月 12 日に東京ビッグサイトで開催される日本産業衛生学会にて発表致します。

【第90回日本産業衛生学会における発表日時】
 日時: 2017 年 5 月 12 日 10:30-11:30
 会場: 東京ビッグサイト・TFT ビル 第 8 会場
 参加費: 10,000 円(事前登録 9,000 円)
 発表者: 志村哲祥医師(STRESCOPE 統括実施医)
 演題: ストレスチェックにおいてストレス反応に影響を及ぼす生活習慣・睡眠の包括的分析

2015年よりストレスチェック制度が義務化されましたが、多くの事業者様より、従業員のストレスチェック結果をどう取り組みに生かしたらよいか分からないといったご相談をいただいています。

今回、職場環境以外に個々人がストレス反応を改善するためのアプローチとして、生活習慣や睡眠とストレスチェックの結果についての調査を、28事業所で実施し、大学と連携して解析しました。
その結果、単変量ロジスティック回帰分析では、「高ストレス」リスクは食事の時間が不規則だと約 10 倍、野菜類の摂取不足で約 7 倍となることが分かりました。
多変量解析によって調整しても、これらは約 3~5 倍と、大きなリスクファクターでした。
また、パス解析(共分散構造分析)の結果、睡眠は仕事の要因と同等程度以上に、ストレス反応に強い影響を与えていることが分かりました。

これは生活習慣や睡眠の改善が、有用なストレス対策になり得ることを示す結果であり、「STRESCOPE」ではこれらの調査結果を踏まえた改善プログラムを提供してまいります。
[画像2: リンク ]

【会社概要】
 商号 :株式会社こどもみらい
 所在地 :東京都世田谷区
 設立 :2005年12月01日
 事業内容 :ヘルスケア事業、マネジメントコンサルティング事業

【本件に関するお問合せ先】
 株式会社こどもみらい
 広報担当: 杤久保(とちくぼ)、小野(おの)
 TEL/FAX: 03-6262-9651
 E-mail: info@ctltd.co.jp

【ファイルのダウンロードはこちら】
 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事