logo

ヤマハが日本オプロの見積書システム『見積・請求オプション』を採用

~現場担当者の違和感なく短期導入を実現~



日本オプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:里見 一典、以下 日本オプロ)はヤマハ株式会社(以下 ヤマハ)の見積書発行システムに『見積・請求オプション』が採用されたことを発表いたします。
ヤマハの国内営業部門で既存利用しているSalesforceに日本オプロの『見積・請求オプション』を組み合わせることで、短期間での見積書発行システムの構築を実現しました。

[ヤマハ株式会社について]
楽器や音響機器の製造販売メーカーとして有名なヤマハは、企業向けネットワーク機器や音声コミュニケーション機器も手がけています。こうしたB2Bビジネスを行う楽器・音響営業本部 音響事業統括部 営業推進部国内営業グループでは、業務支援システムとしてSalesforceを活用。そのSalesforce上で見積書作成を行うために、日本オプロの見積・請求オプションを導入しました。

[効果]
○導入完了まで3か月
『見積・請求オプション』がSalesforce上で見積書作成をおこなうため、既存の価格データやお客様情報をそのまま見積書に転用できました。既存システムからの移行期間が迫っていましたが、日本オプロへの問い合わせから導入完了までを約3か月で実現しました。

○従来フォーマットの高い再現性
日本オプロの帳票作成サービスにより、もともと利用していた見積書フォーマットを再現したため、ヤマハのお客様には従来の見積書との違いを感じさせずにシステム移行を実現しました。
[画像: リンク ]

以下URLより事例リーフレットをダウンロードいただけます。
リンク

■ OPROARTS Primeについて(概略)
OPROARTS Primeは、Salesforce、 kintone、Office 365をはじめとした様々なクラウドサービスと連携できるクラウド帳票サービスです。帳票作成だけにとどまらず、データ仕分け、配信、保管、データ受け渡しなどのデータハンドリングを可能にする「ビジネスコミュニケーションプラットフォーム」として機能を拡げていきます。

■ 見積・請求オプションについて(概要)
見積・請求オプションは、見積書の作成から請求書の発行・入金管理等の機能をSalesforceに追加するクラウド・エンハンスド・サービスです。「見積書の作成」「受注確認」「仕入先への発注」「顧客への納品と請求」「入金管理と繰り越し」等の機能があるので販売管理にも対応しています。見積・請求オプションを使うだけで、売り上げ実績の集計や利益率の計算といった営業分析が可能になり、Salesforceをより有効活用できます。

■ 日本オプロ株式会社について
日本オプロ株式会社は、【Less is More ―より簡単に。より効率的に。】をサービス指針とし、「無駄を省くことで、さらにより良いものになる」という考えで、よりパフォーマンスの高い製品開発を続けております。帳票システムメーカーとして培ってきた技術と発想力をもとに、単なる帳票だけでないマルチクラウドを実現すべくお客様に喜んでいただけるサービスを常に強化して参ります。

会社名 :日本オプロ株式会社
所在地 :〒105-0014 東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6F
代表者 :代表取締役社長 里見一典
ウェブサイト :リンク

■ 当リリースに関するお問い合わせ先
担当 :日本オプロ株式会社 マーケティング部 麻生 有依
Tel :03-5765-6510
E-mail :mktg@jp.opro.net
*文中記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。