logo

平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(開発部門)を受賞

パナソニック 2017年04月12日 19時43分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社では、「高耐熱かつ高多層化が可能な高速伝送対応回路基板材料の開発」で5名が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞しました。表彰式は2017年4月19日に文部科学省(東京都千代田区)で行われます。

<受賞内容>
テーマ:高耐熱かつ高多層化が可能な高速伝送対応回路基板材料の開発

<受賞者>
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 電子材料事業部
藤原 弘明(ふじわら ひろあき) 技術開発センター 回路材料開発部 部長
古森 清孝(こもり きよたか) 商品開発部 課長
井上 博晴(いのうえ ひろはる) 技術開発センター 回路材料開発部 課長
北井 佑季(きたい ゆうき) 技術開発センター 回路材料開発部 主任技師
松下電子材料(蘇州)有限公司
橋本 昌二(はしもと しょうじ) 多層製造技術部 経理

<開発内容>
業界最高水準の高速伝送対応、かつ鉛フリーはんだにも対応した高多層基板材料の開発及び量産化に業界で初めて成功しました。本材料は、ITインフラ機器の高性能化を支え、動画配信などにおける大容量データの高速通信を実現し、社会の利便性や快適性の向上に貢献すると同時に、消費電力の軽減、鉛フリーはんだ対応による環境負荷低減に寄与しています。データを高速に処理する大型高速サーバの実用化や、スーパーコンピュータの性能向上に必須の基板材料として市場から高い評価を得ています。

(参考)
文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた功績を讃える制度。その中で、科学技術賞(開発部門)は、我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に活用されている画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象としています。

【商品のお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 電子材料事業部
リンク

【商品の詳細ページ】
高速伝送対応多層基板材料「MEGTRON(メグトロン)シリーズ」
リンク

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(開発部門)を受賞(2017年4月11日)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事