logo

『エイビーロード』2017年GW海外ツアー問い合わせ概況

人気旅行先、1位は「台北」、2位「オアフ島」「バルセロナ」、ヨーロッパ人気が回復の兆し。出国は5月3日、帰国は5月7日がピーク。



[画像1: リンク ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)に設置されたエイビーロード・リサーチ・センター(センター長:沢登 次彦) は、同社が運営する海外旅行検索・比較サイト『エイビーロード』(リンク)ユーザーの海外ツアーへの問い合わせ実績を集計し、2017年ゴールデンウィーク(以下GW)期間の海外旅行マーケットを考察しましたのでご報告します。

結果要約
1.GW海外ツアーの人気旅行先
→ エリア別では「ヨーロッパ」「アジア」などが前年比超え。都市別ランキングでは1位が台北、オアフ島は「バルセロナ」と同率2位。4位に「パリ」が入り、ヨーロッパ人気が回復の兆し。
2.GW海外ツアーの日程
→ 5日以下、6日以上のツアーがそれぞれ半数程度を占め、日数は分散化。
3.GW海外ツアーの希望出発日・帰国日
→ 出国は4月27日(木)ごろから始まり、ピークは5月3日(水) 。4月出発と5月出発で分散しており、GW前半出発組と後半出発組で分かれる。帰国は5月5日(金)ごろから始まり、ピークは7日(日)。

1.GW海外ツアーの人気旅行先
方面別に前年比をみてみると、「ハワイ」「南北アメリカ」を除く方面で前年比100%超え。テロの影響で伸び悩んでいた「ヨーロッパ」や「アジア」も好調。都市別では、割合は低いものの「台湾」が1位を獲得。次いで「オアフ島」「バルセロナ」が同率で2位。周遊ツアーの多いヨーロッパでは、サグラダファミリア教会やガウディの街並みなど見どころの多いバルセロナがツアー工程によく組み込まれ、旅行者にも選ばれやすい。4位には「パリ」が入り、前年のTOP10圏外から大きくジャンプアップした。ユーロやポンドがここ数年安くなっており、欧州に復活の兆しが見えてきたといえる。

■GW海外ツアー問い合わせ エリア別前年比

[画像2: リンク ]

■GW海外ツアー問合せ 都市別シェアTOP10 /参考 2015年、2016年

[画像3: リンク ]

※ 小数点第2位を四捨五入した数値でランキング

2.GW海外ツアーの日程
ツアー日数は「5日」が31%と多くを占める。「6日」(19%)、「4日」(15%)が続き、前年と比べると短期化しているが、2015年と比べると、「5日」以下、「6日」以上でほぼ二分しており、分散化していると言える。平均日数は5.7日で前年と同程度。

■GW海外ツアー問い合わせ 日数別問い合せシェア

[画像4: リンク ]

■GW海外ツアー問い合わせ 平均日数

[画像5: リンク ]

3.GW海外ツアーの希望出発日・帰国日


希望出発日は、4月27日(木)ごろに初めのピークがあるが、波は緩やか。本格的な出国ラッシュは5月3日(水)となりそうで、例年よりも遅いスタート。帰着日は5月5日(金)から本格的に始まり7日(日)がピーク。月別のシェアをみると、4月出発は43%と少なくないため、遠距離は4月出発、近距離は5月の連休での旅行を検討しているのだろう。

■GW海外ツアー問い合わせ 希望出発日シェア

[画像6: リンク ]

■GW海外ツアー問い合わせ 希望帰国日シェア

[画像7: リンク ]

■GWツアー問い合わせ 希望月別シェア

[画像8: リンク ]



[表: リンク ]




▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事