logo

アジア最大級の食品見本市「シアル・チャイナ」、 肉・乳製品・飲料・ワインの4大専門エリアを設置予定!

フランス見本市協会 2017年04月12日 13時44分
From 共同通信PRワイヤー

2017年4月12日

フランス見本市協会

アジア最大級の食品見本市「シアル・チャイナ」
肉・乳製品・飲料・ワインの4大専門エリアを設置予定!

アジア最大級の食品・飲料総合見本市である「シアル・チャイナ」が2017年5月17日~19日に上海にて開催されます。シアル・チャイナは継続的に急成長を続ける市場の需要に応え、中国の人気4大製品分野である「肉」・「乳製品」・「飲料」・「ワイン」に関する専門出展エリアを設置する予定です。これら4大エリアでは中国国外・国内から集結する出展者の製品が陳列される予定であり、業界内の国際的なコラボレーションとイノベーションの数々を世界に向けて発信する巨大なプラットフォームとなるでしょう。

「中国の中流階級の世帯消費は年率17%で増加しています。高品質の肉や乳製品、ワインや飲料などの高級食品に対する需要は、今後もさらなる増加傾向にあります。マーケティングリサーチ会社イプソスの調査によると、1級都市・2級都市の中国消費者の81%が、『頻繁に』もしくは『時々』輸入食品を購入しています。食品および飲料産業全体を成長させていくためのプラットフォームとして、私たちは市場のトレンドに沿い、サポートしていくことが重要です。前回展であるシアル・チャイナ2016においてもこれら4つのセクターは非常に関心度が高く人気だったため、私たちは2017年展でこの流れをさらに盛り上げようと思っています。」―シアル・チャイナ代表 ジム・リュウ氏

2016年を通して、食肉産業は引き続き堅調に推移しています。2017年には、中国の牛肉輸入業者は15%の伸びが見込まれ、また、中国は世界の豚肉に関する取引全体の4分の1を占めると予想されています。 前回展では、283社の中国国内企業と、29か国から参加した275社の中国国外企業、19に及ぶ各国ナショナルパビリオンを「肉」のエリアに集結させました。2017年展では、出展者の要望に応え、肉のエリアを2ホールに拡大します。

乳製品分野においては、高品質な乳製品に対する中国国内の需要が、このセクターの成長を後押ししています。2016年に牛乳(液体)の需要は38万トンまでに増加し、また2017年の中国チーズ市場は、2015年の35億元から53.8億元への市場規模になると予測されています。中国の世帯平均消費量は、EUの世帯平均消費量の1/5にあたり、中国の乳製品市場は今後も著しい成長が見込まれています。

飲料のエリアに関しては、今まで「ノンアルコール飲料」と「アルコール飲料」で2つにエリア分けされていましたが、2017年展では初めて「飲料」と「ワイン」のエリア区分となります。中国の飲料セクターは全体として、2015年には1%成長率が下がった結果となりましたが、中国の消費者は健康や食の安全に気を遣っているため、一部の飲料のカテゴリーは高い成長率を見せています。 2015年には、機能性飲料が6.9%、フルーツジュースが4.4%の成長率増加となりました。これらの傾向は、中国のワインセクターを脅かすものではなく、依然として中国は世界最大のアルコール飲料消費国であり、2016年の消費量は843億7,000万リットルにも及びます。

また、2017年展では、アルゼンチンを名誉招待国に迎えます。2014年~2015年にかけて行われたトップ会談により、中国とアルゼンチンは農産物に関する貿易を促進していくことで合意しています。これを受け、シアル・チャイナ2017では、アルゼンチンが1,200m2以上に及ぶナショナルパビリオンを設置予定であり、今後も二国間で農産物に関する輸出入が活発化すると見られています。

シアル・チャイナ2017は2017年5月17日(水)~19日(金)に上海新国際博覧中心(SNIEC)にて開催予定です。業界関係者の皆様、ぜひご来場ください。

【画像: リンク

<シアル・チャイナ2017 開催概要>
見本市名称:シアル・チャイナ2017(SIAL CHINA 2017)
開催日時:2017年5月17日(水)~19日(金)9:00~17:00(最終日は16:00まで)
開催地:中国 上海
会場:上海SNIEC(Shanghai New International Expo centre)
公式サイト:リンク
事前登録方法:ご来場の際は、公式サイトにて事前登録が必要となります。サイトトップ「Visitor(Order Your Badge)」より、ご自身のアカウントを作成の上、必要事項を入力してください。最後までご入力いただいた後、ご自身のアカウント内「My Confirmation」から事前登録確認書をダウンロードいただきプリントアウトの上、当日会場へお持ちください。お名刺2枚と合わせて入口(Pre-registration Counter)の係員にご提示いただきますと係員がプラスチックのバッジに引き換えてくれます。

<シアル・チャイナ2017 見込み>
―中国国外67ヶ国から3,200社が出展!
―8万人の業界関係者が来場予定!
―展示総面積は14万9,500 m2
―肉・乳製品・飲料・ワインの4大専門エリアを含め、全部で21分野の食品・飲料を展示予定

<シアル・チャイナ2017 公式SNS>
Facebook: リンク
Twitter: リンク


シアル・チャイナについて
シアル・チャイナは、コメクスポジウム社によって運営されるアジア最大級の食品・飲料総合見本市です。飲食業界向けの国際トレードショーである「シアル・ネットワーク」は7つの見本市(シアル・パリ、トロント・モントリオールで交互開催のシアル・カナダ、シアル・チャイナ、シアル・ミドルイースト、シアル・アセアン、シアル・インターフード)からなり、シアル・チャイナはこれらの見本市ひとつです。シアル・ネットワークでは、合計194ヶ国から14,000社の出展者と33万人の来場者が集結します。

フランス見本市協会(PROMOSALONS)について
フランス見本市協会(PROMOSALONS)はフランスで1967年に創設され、フランス産業見本市の国際的な広報活動を行っている唯一の世界的ネットワークです。世界に55の拠点を持ち、その活動範囲は120ヶ国に及びます。自国とフランスの文化に精通した各拠点のスタッフが、見本市主催者には現地の市場に関する知識を提供、各国の現地企業・団体には、適切な広報活動とマーケティングを行い、フランス産業見本市の発展に寄与しています。※現在、来場者数上位トップ20のうち15の見本市に携わり、全体の67%を占めるフランス国外からの来場者誘致に成功しています。フランス見本市協会日本事務所(PROMOSALONS JAPON)は1971年に東京に開設されて以来40余年にわたり、日本の業界関係者の方々を対象に、フランスで開催される国際的な産業見本市の広報活動を行い、来場者や出展者の支援を行っています。 ※OJS(フランス統計認定事務局)資料より





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。