logo

帝京大学が、教育指針である「国際性」を強化。八王子キャンパスと宇都宮キャンパスに国際学生寮を開設。

帝京大学 2017年04月12日 08時05分
From Digital PR Platform


帝京大学はこのたび、八王子キャンパス(東京都八王子市)の学生を対象とした「帝京大学国際学生寮府中」を東京都府中市に開設した。寮内での異文化交流を促進し、グローバル人材を育成することを目指す。また2018年には、宇都宮キャンパス(栃木県宇都宮市)にも国際学生寮(仮称)を開設する予定。これに伴い、1月17日に宇都宮キャンパスで起工式が行われた。


 「帝京大学国際学生寮府中」は、同大の教育指針の一つである「国際性」をより深化するために開設。外国人留学生の受け入れを促進し、寮内での異文化交流を通して相互理解を深めながら、国際的に活躍できる人材を輩出していくことを目的としている。
 同寮には、2室1ユニットタイプと独立タイプの2種類の個室76室を用意。個室部分でプライベート空間を確保しつつ、ラウンジやキッチンを共有してともに過ごすことで、多様性の中で、コミュニケーション能力や多様な文化的背景を持つ人びととともに働ける「協調型問題解決能力」を身につけることが期待される。

◆帝京大学国際学生寮府中 概要
【住 所】 東京都府中市分梅町
【交 通】 京王線「分倍河原」駅 徒歩14分または「中河原」駅 徒歩12分
【大学までのアクセス】 約30分(京王線「分倍河原/中河原」駅から京王線「高幡不動」、または「聖蹟桜ヶ丘」駅で下車、京王バスで「帝京大学構内」)
【共用設備】 IHクッキングヒーター、シャワーブース、トイレ(ウォシュレット付)、ランドリー(有料)、洗面台、パントリー

 また2018年には、宇都宮キャンパスにも国際学生寮(仮称)を開設。2017年1月から宇都宮キャンパスの敷地内に建設を開始しており、2018年1月に完成予定。入居は2018年4月までに開始する予定となっている。
 宇都宮キャンパスに建設中の寮は地上4階建、延床面積6100平方メートルで、収容人数は留学生と国内学生合わせて200人。留学生と国内学生が共同で生活し交流を図ることで、異文化への理解を深め、語学力や国際性が身につくことが期待される。

▼本件に関する問い合わせ先
 帝京大学本部広報課
 〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1
 TEL: 03-3964-4162

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。